アウディ、自動運転車を2017年に市販化…新型 A8

自動車 ニューモデル 新型車

サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • 技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏
  • サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
1月、米国で900kmの自動運転走行を実施したアウディが、自動運転車を2017年に市販化すると発表した。ドイツ時間の10日に開催されたアウディ年次報告会の中で、技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏が明らかにした。

アウディは『A7スポーツバック』をベースとした自動運転車のプロトタイプを開発。1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES」の会場へ、シリコンバレーから約900kmの道のりを自動運転のみで走行した。公道での長距離無人走行は世界初。また2014年10月には、スポーツモデル『RS7スポーツバック』の自動運転車で240km/hの高速での無人サーキット周回を成功させた。

こうしたノウハウの蓄積を活かし、他社に先駆け自動運転車を市販する。自動運転機能が搭載されるのは高級セダンの新型『A8』で、2017年の発売を計画している。

スバルやボルボ、メルセデスベンツなど各社は、緊急自動ブレーキや前車追従クルーズコントロール、ステアリング操作に介入するレーンキープアシストなど、準自動運転技術を段階的に市販車へ投入している。アウディと同グループのフォルクスワーゲンは、自動駐車機能を自動運転のファーストステップと位置づけている。国内メーカーでも試作車や研究開発車両は公開されているものの、明確に「自動運転(パイロット・ドライビング)」と銘打って市販化されるのは、アウディが世界初となる。

新型A8に搭載される機能は、交通渋滞時の自動運転走行機能と、自動駐車機能。自動運転時の対応速度などについては、法律や制度などを鑑み調整されていくもよう。

ハッケンベルク氏は「新型A8の登場により、パラダイムシフトを迎えるだろう」と説明する。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  5. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  6. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  7. 【日産 セレナ 新型】オーテック、カスタムモデル や福祉車両を発売

  8. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  9. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら