アウディ、自動運転車を2017年に市販化…新型 A8

自動車 ニューモデル 新型車

サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • 技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏
  • サーキットでの無人走行を実現したアウディRS7
  • アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
  • アウディ年次会見
1月、米国で900kmの自動運転走行を実施したアウディが、自動運転車を2017年に市販化すると発表した。ドイツ時間の10日に開催されたアウディ年次報告会の中で、技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏が明らかにした。

アウディは『A7スポーツバック』をベースとした自動運転車のプロトタイプを開発。1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES」の会場へ、シリコンバレーから約900kmの道のりを自動運転のみで走行した。公道での長距離無人走行は世界初。また2014年10月には、スポーツモデル『RS7スポーツバック』の自動運転車で240km/hの高速での無人サーキット周回を成功させた。

こうしたノウハウの蓄積を活かし、他社に先駆け自動運転車を市販する。自動運転機能が搭載されるのは高級セダンの新型『A8』で、2017年の発売を計画している。

スバルやボルボ、メルセデスベンツなど各社は、緊急自動ブレーキや前車追従クルーズコントロール、ステアリング操作に介入するレーンキープアシストなど、準自動運転技術を段階的に市販車へ投入している。アウディと同グループのフォルクスワーゲンは、自動駐車機能を自動運転のファーストステップと位置づけている。国内メーカーでも試作車や研究開発車両は公開されているものの、明確に「自動運転(パイロット・ドライビング)」と銘打って市販化されるのは、アウディが世界初となる。

新型A8に搭載される機能は、交通渋滞時の自動運転走行機能と、自動駐車機能。自動運転時の対応速度などについては、法律や制度などを鑑み調整されていくもよう。

ハッケンベルク氏は「新型A8の登場により、パラダイムシフトを迎えるだろう」と説明する。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

    【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  2. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

    これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  3. 【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

    【デザイン東京 16】デザイン性を重視した自転車スタンド、カスタマイズも可能…神谷プラスチック

  4. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  7. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  8. 【スズキ SX4 Sクロス 改良新型】イタリアで先行公開…表情一新

  9. ホンダ NSX 新型、欧州仕様は581馬力で確定

  10. ホンダ NSX 新型、アロンソが試乗…「ブレーキ感覚はF1に近い」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら