京成「赤電」、北総リース車も3月22日限りで引退へ…撮影会開催

鉄道 企業動向

北総7260形がまもなく引退することが決定。これにより京成「赤電」は完全に引退する。
  • 北総7260形がまもなく引退することが決定。これにより京成「赤電」は完全に引退する。
  • 北総7260形は京成3300形(写真)のリース車。形式名や塗装が異なるが同型だ。
北総鉄道は3月3日、京成電鉄から借り入れている7260形電車の営業運転を3月22日限りで終了すると発表した。これに伴い当日は、引退記念の車両撮影会を開催する。

7260形は京成3300形のリース車。4両編成2本(3308・3316号編成)をつないだ8両編成1本(7268号編成)が運用されており、形式名や車両番号を変更したほか、塗装も北総鉄道のものに変更されている。京成の3300形は2月28日の運行を最後に引退しており、7268号編成の引退で京成の「赤電」は完全に消滅する。

車両撮影会は3月22日の11時30分、印西牧の原駅に集合。15時25分頃の解散となる。車両基地内での撮影会のほか、貸切列車で印西牧の原~矢切間を1往復する体験乗車も行われる。事前応募制となっており、200人を募集。応募は往復はがきで受け付ける。参加費は大人2000円・子供1000円。締切は3月13日(消印有効)になる。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品