人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタ豊田社長「水素インフラ整備の動きが広まってきた」

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車の豊田章男社長は、燃料電池車(FCV)の普及に不可欠な水素ステーションの整備について、政府・自治体や関係企業などが取り組みを加速しているとして、着実な整備への手ごたえと期待を表明した。

2月24日に同社の元町工場で開いた『MIRAI(ミライ)』のラインオフ式後、記者団に語った。豊田社長は「当社がMIRAIを発表した当初から、行政をはじめいろいろな方が、より積極的に、より広く、より具体的に活動していただくようになっている」と、関係先の取り組みに歓迎の意を示した。

そのうえで、車両とインフラの普及には「ニワトリと卵の関係でなく、お互いが不可欠な“花とミツバチ”の関係を構築できるようにしたい」と持論を述べた。水素ステーションは、政府が現状の40か所程度から2015年度中に100か所まで拡充したい方針。これを受け、自動車業界もトヨタとホンダ、日産自動車の3社がステーションの運営を資金面でサポートする取り組みを行う計画も打ち出している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  5. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  8. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

  9. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  10. 日野、国内販売が3万台超え 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る