『こだま』グリーン車の50周年記念割引、通年発売に

鉄道 企業動向

東海道新幹線の『こだま』グリーン車が格安料金で利用できる「こだま☆楽旅IC早特」は4月1日乗車分から通年発売に変更される。写真は『こだま』『ひかり』を中心に運用されている700系。
  • 東海道新幹線の『こだま』グリーン車が格安料金で利用できる「こだま☆楽旅IC早特」は4月1日乗車分から通年発売に変更される。写真は『こだま』『ひかり』を中心に運用されている700系。
JR東海は2月20日、東海道新幹線『こだま』グリーン車の割引サービス「こだま☆楽旅IC早特」を、4月1日乗車分から通年設定に変更すると発表した。

「こだま☆楽旅IC早特」は、東海道新幹線の開業50周年記念商品として、2014年6月17日乗車分から発売を開始。JR東海のネット予約&IC乗車サービス「エクスプレス予約」「プラスEX」会員に限り、『こだま』グリーン車が約3~5割引で利用できる。

当初の設定期間は今年3月31日までとしていたが、4月1日以降も通年発売に変更して引き続き発売することになった。同時に発売額も値上げされ、主な区間では東京・品川~静岡間が6030円(現在は5930円)、東京・品川~名古屋間が9000円(同8900円)、東京・品川~新大阪間が1万1200円(同9500円)になる。この結果、割引率は約3~4割に縮小される。

通常の運賃・料金と比較した場合、東京・品川~名古屋間では5470円安い。『のぞみ』普通車指定席の通常運賃・料金と比べても2090円安くなる。発売期間は乗車日の1カ月前10時から3日前23時30分まで。4月1日乗車分は3月1日10時から発売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

    JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  2. 【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

    【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

  3. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

    神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  4. 【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

  5. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  6. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  7. 「電車と駅舎」デザインの講演会…日本建築学会 10月20日

  8. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  9. JR北海道、石勝線の夕張支線を廃止へ…沿線自治体が廃止「容認」

  10. ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら