北海道初の国鉄電車、3月13日限りで引退へ…記念ヘッドマーク掲出

鉄道 企業動向

北海道初の国鉄電車として登場したJR北海道の711系電車が、老朽化のため3月13日限りで引退する。これに伴いJR北海道は2月13日、引退記念のヘッドマーク掲出や記念切符の発売などを行うと発表した。

ヘッドマークはステッカー式で、掲出期間は2月16日から3月13日まで。回送区間を含む手稲~札幌~旭川間で運用されている711系の8編成に掲出する。マークのデザインは4種類で、711系などに掲出されていた『マリンライナー』『くるくる電車ポプラ』『いしかりライナー』『空港ライナー』のヘッドマークデザインを流用し、「さよなら711系」の文字を入れる。

記念入場券・乗車券は3月14日から発売される。記念入場券はD型硬券で、旭川・深川・琴似・銭函の各駅で販売。発売額はいずれも170円になる。記念乗車券は滝川・岩見沢・江別・野幌・手稲・小樽の各駅で販売されるが、滝川・岩見沢・手稲3駅は利用できる範囲の路線図を券面に表示した地図式、それ以外の駅は金額を券面に表示したタイプのものになる。発売額は駅によって異なり、210円から640円になる。

また、記念乗車券を滝川駅で購入すると、各駅の入場券・乗車券を収納できる台紙と記念証のセットがプレゼントされる。記念証は711系の国鉄色復刻編成(S-110編成)がデザインされる。

711系は1968年8月、国鉄初の在来線用交流専用電車としてデビュー。道内国鉄線の鉄道車両としては初の電車となり、函館本線の電化にあわせて導入された。現在まで残っている編成は、全て1980年10月の千歳線・室蘭本線電化を機に増備されたマイナーチェンジ車となっている。

2014年8月には大幅に運用が削減され、最長だった小樽~旭川間の運用が消滅。10月には道央圏の電化区間を走るイベント列車が運行された。現在の定期運用は、早朝・夜間を除き岩見沢~旭川間の普通列車のみとなっており、最終運用は3月13日の岩見沢7時49分発札幌行きとなる予定。当日は札幌到着3分前の8時35分頃から、札幌駅3番ホームの苗穂方先端付近で横断幕を掲出し、最後の営業列車を出迎える。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品