【ホンダ S660 プロトタイプ 公開】伊東社長「とにかく乗って楽しいクルマ」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
  • ホンダ S660
ホンダは2月14日、軽自動車スポーツカー『S660』の最終試作モデルを、北海道鷹栖町にある同社の開発施設で報道関係者に初公開した。

外観は迷彩シールを貼付しているが、4月初めに発売する量産モデルと同じだという。伊東孝紳社長が、2015年中に欧州市場に投入する新型『シビック タイプR』と併せて披露した。伊東社長はS660について「とにかく、乗って楽しいクルマに仕上がった」と、同社では約20年ぶりの復活となる軽スポーツをアピールした。

エンジンを車体の中央部に置くミッドシップ型で後輪を駆動する。最高出力64馬力の660ccターボエンジンを搭載している。変速機は6速のマニュアルとCVT(無段変速装置)を用意、後者は7速のパドルシフトで操作するスポーツモードも楽しめる。

本田技術研究所の開発担当者によると、価格は「200万円前後」だという。軽自動車のスポーツカーはダイハツ工業が14年に新型『コペン』を投入しており、S660の市場参入で、軽自動車人気が一段と高まる見通しだ。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品