【シカゴモーターショー15】トヨタ アバロン に2016年型…表情チェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
  • トヨタ アバロン の2016年モデル
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は2月12日、米国で開幕したシカゴモーターショー15において、『アバロン』の2016年モデルを初公開した。

アバロンは、米国におけるトヨタブランドの最上級車。初代は1994年に登場し、日本にも1995年に逆輸入車として導入された。2000年には、2代目にモデルチェンジ。日本市場では、『プロナード』の車名で販売された過去がある。

2005年には、3代目が登場。4代目となる現行型は、2012年春、ニューヨークモーターショー12で発表。従来よりもスポーティな方向へとデザインを変更した。カリフォルニア州に本拠を置くトヨタ自動車のデザイン部門、CALTYが主導したデザインは、北米の顧客の嗜好に合わせたもので、ダイナミックなフォルムが特徴。パワートレインは、ガソリンとハイブリッドの2種類がある。

シカゴモーターショー15で初公開された2016年型は、現行アバロンのデビューからおよそ3年を経て、初の大幅改良が施されたモデル。外観を中心にアップデート。フロントは、グリルやヘッドライト、バンパーを変更。とくに、ヘッドライトは、新デザインのLEDとしているのが目を引く。テールライトも、新デザインのLED。アルミホイールも新しい。

インテリアは、ライトグレーを基調に、グレーのステッチを採用。グレードに応じて、Entuneオーディオや安全装備の充実が図られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

    米スポーツカー バイパー、最終生産車が即完売…最短で40分

  2. 日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

    日産 フェアレディZ 次期型、登場は2017年東京ショーか

  3. ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

    ホンダ NSX 新型、最高速は308km/h…欧州仕様

  4. 【ルノー トゥインゴ 新型】今後もMTは前向きに検討

  5. 【ルノー トゥインゴ 新型】あのクルマとの差はデザインと値段、そしてユーザー層

  6. これぞ最強サルーン!メルセデス AMG S63セダン、605馬力へ

  7. ランボルギーニ アヴェンタドール に名車「ミウラ」仕様…限定50台がほぼ完売

  8. アウディ A5 クーペ 新型、欧州での受注を開始

  9. 【三菱 ランエボ 最終モデル】限定台数1000台を完売、納車を開始

  10. 天皇御料車はトヨタ車に、安い? 高い?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら