北海道新幹線のアクセス列車、愛称は『はこだてライナー』に

鉄道 企業動向

函館~新函館北斗間で運行されるアクセス列車の愛称は『はこだてライナー』に決まった。画像は『はこだてライナー』に投入される733系1000番台のイメージ。
  • 函館~新函館北斗間で運行されるアクセス列車の愛称は『はこだてライナー』に決まった。画像は『はこだてライナー』に投入される733系1000番台のイメージ。
  • 『はこだてライナー』に投入される733系1000番台の車内イメージ。ロングシートを基本とし、側扉付近には木目調のパーティーションが取り付けられる。
JR北海道は2月12日、北海道新幹線の新青森~新函館北斗間開業(2015年度末)にあわせて運行を開始する在来線アクセス列車の名称を、『はこだてライナー』に決めたと発表した。

『はこだてライナー』は、函館本線函館~新函館北斗(現在の渡島大野)間17.9kmを結ぶ列車。北海道新幹線の開業にあわせて運行を開始し、新函館北斗駅で新幹線列車との連絡を図る。また、『はこだてライナー』用の電車として733系1000番台が12両(3両編成4本)製造される。

同社によると、2014年の11月から12月にかけて、アクセス列車の愛称名を一般から募集。応募総数は6173件で、2692種類の名称の応募があった。『はこだてライナー』の応募数は1位の289件で、「目的地である“函館”と“ライナー”を掛け合わせた愛称名であり、親しみやすくわかりやすい」ことから愛称名に選んだ。

『はこだてライナー』以外では、『函館リレー』『リレーはやぶさ・はやて』『いさり火ライナー』などの応募があった。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  8. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  9. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る