JR東日本、中央快速線を12両化・グリーン車導入…2020年度から

鉄道 企業動向

2020年度から中央快速線に導入する2階建てグリーン車のイメージ。首都圏の主なJR通勤路線は全てグリーン車が導入されることになる。
  • 2020年度から中央快速線に導入する2階建てグリーン車のイメージ。首都圏の主なJR通勤路線は全てグリーン車が導入されることになる。
  • 中央快速線を走るE233系電車。現在は10両編成で運用されているが、グリーン車2両を増結して12両編成にする。
  • 東京駅に停車中の中央快速線のE233系。12両編成化に伴い駅の改良工事などが行われる。
JR東日本は2月4日、中央快速線方面にグリーン車サービスを導入すると発表した。2020年度の開始を目指す。

同社によると、グリーン車サービスを導入する区間は中央快速線の東京~大月間と、青梅線の立川~青梅間。中央快速線は、オレンジ帯のE233系通勤形電車で運行する全ての列車にグリーン車サービスを導入する。青梅線も中央快速線から直通する列車にグリーン車を導入する。

中央快速線・青梅線で運用されているE233系は現在10両編成だが、新たに2階建てグリーン車2両を連結して12両編成に増強する。グリーン車の連結位置は東京・新宿方から4・5両目になる。これに伴い、グリーン車導入区間の全44駅と車両基地などで、12両編成に対応するための改良工事を実施する予定。2020年度からのサービス開始を目指す。

首都圏の主なJR通勤路線では、東海道線と横須賀線を皮切りにグリーン車が導入され、1980年から総武快速線、2004年から宇都宮線・高崎線・湘南新宿ライン、2007年から常磐線中距離電車に、それぞれグリーン車が導入された。中央快速線方面にグリーン車が導入されると、全ての主要通勤路線にグリーン車が導入されることになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る