北近畿タンゴ鉄道は「京都丹後鉄道」に…WILLER TRAINSが発表

鉄道 企業動向

4月1日から北近畿タンゴ鉄道(KTR、京都府)の運行を担う予定のWILLER TRAINS(ウィラー・トレインズ)は1月29日、4月からの鉄道名を「京都丹後鉄道」に変更すると発表した。路線名も宮津線(西舞鶴~豊岡)を「宮舞線」と「宮豊線」の2路線に分ける。

同日、都内のウィラー・アライアンス本社で開いた会見で発表した。

KTRは京都府や福知山市、宮津市などが出資する第三セクター鉄道で、宮福線(宮津~福知山間)と宮津線の2路線を運営する。経営の悪化を受け上下分離方式による経営改善を行うことになり、運行事業者を公募。2014年5月に高速バス会社のWILLER ALLIANCE(ウィラー・アライアンス)が選ばれ、同社はKTRの運行を行う子会社としてウィラー・トレインズを設立した。

同社の社名は「WILLER TRAINS」だが、鉄道名は「京都丹後鉄道」とする。略称は「丹鉄」(たんてつ)。路線のある丹波・丹後・但馬を指す「三丹」の「丹」を用いることで、地元に愛着を持たれる鉄道を目指すという。同時に発表されたロゴはウィラーグループのピンク色を取り入れ、「丹」の文字は海をイメージしたデザインとなっている。

路線名も変更し、宮津線を西舞鶴~宮津間の「宮舞(みやまい)線」、宮津~豊岡間の「宮豊(みやとよ)線」の2路線に分ける。宮津と福知山を結ぶ宮福線と合わせ、宮津の「宮」と行先の頭文字を組み合わせた路線名とすることで「どこからどこへ」向かう路線かを分かりやすくする。また、3つの路線名に「舞」「豊」「福」と縁起の良い漢字が並ぶことから「縁起三線」と総称して今後のプロモーションに使うことも検討するという。このほか、7駅の駅名も合わせて変更することを正式に発表した。

ダイヤについては、北近畿タンゴ鉄道として運行中の3月14日に一部ダイヤ改正が行われるため、4月以降もそのダイヤを引き継ぐ。車両についてはKTRの車両を引き継ぎ、丹鉄のロゴマークを入れるという。

ウィラー・トレインズは京都丹後鉄道の運行開始にあたって「交通革新とまちづくりが連携することで、地域の価値を向上する」との構想を掲げており、鉄道を基軸とし、ストレスなく乗り継ぎのできる「高次元交通ネットワーク」の実現や、地域での若者の雇用創造、交通やまちづくりを担う人材の育成を目指すとしている。

利用者数の目標は初年度が210万人、3年目が230万人。売上については運賃収入のほか広告や物販などを合わせ、初年度12億円、3年目で13億円を目指す。

KTRは国鉄の経営悪化を受けて工事が凍結された宮福線福知山(京都府福知山市)~宮津(宮津市)間30.4kmの運営会社として1982年に設立され、1988年に開業した。当初の社名は宮福鉄道だったが、1989年に現在の社名に改称。1990年からは西舞鶴(舞鶴市)~宮津~豊岡(兵庫県豊岡市)間83.6kmを結ぶ宮津線の経営も引き継いだ。

WILLER TRAINSとKTR、沿線自治体は2014年12月26日、鉄道事業再構築実施計画の認定を申請。計画が申請通り認定された場合、KTRは鉄道施設を保有・管理する第3種鉄道事業者に移行し、WILLER TRAINSはKTRから施設を借りて列車を運行する第2種鉄道事業者となる。

社名が全てアルファベットの鉄道会社はWILLER TRAINSが初。一部にアルファベットを使用している鉄道としてはIGRいわて銀河鉄道があるが、同社は「アイジーアール」とカタカナが正式な表記のため、北陸新幹線の長野~金沢間開業に伴い北陸本線の倶利伽羅~金沢間を引き継ぐ「IRいしかわ鉄道」が初となる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  6. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  7. とんかつ屋に保育園、廃車モノレールの“余生”を追う

  8. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  9. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  10. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

アクセスランキングをもっと見る