プリウス に対抗…ヒュンダイ、ハイブリッド専用車を2015年後半に発売へ

エコカー ハイブリッド

ヒュンダイ ソナタ ハイブリッド
  • ヒュンダイ ソナタ ハイブリッド
  • トヨタ プリウス 現行型(北米仕様)
  • トヨタ プリウス 現行型(北米仕様)
韓国の自動車最大手、ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)。同社が、ハイブリッド専用車の発売を計画していることが分かった。

これは、韓国での新型『ソナタ ハイブリッド』の発表の場において、ヒュンダイが明らかにしたもの。同社は、「2015年後半、ヒュンダイ初のハイブリッド専用車を発売する」と宣言している。

ヒュンダイのハイブリッド専用車の投入は、環境対応車の販売台数において、トヨタ自動車に次ぐ世界第2位を狙うという新戦略に沿う形。同社は、2020年までに、エコカー市場において、世界第2位になることを目指す。

この目標達成のための大きな手段が、ハイブリッド専用車の発売。ハイブリッド専用車のパイオニアといえば、トヨタ『プリウス』。ヒュンダイは、販売面で大きな成功を収めたプリウスに対抗する方針。

現時点では、ヒュンダイの新型ハイブリッド車の内容は公表されていない。ただし、プリウスのように、ひと目でハイブリッド車と分かるデザインが採用されるもよう。ヒュンダイは「Blue Drive」と命名したエコカーだけのサブブランドを立ち上げ、拡販を図っていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【実燃費対決】歴代 GT-R が叩き出した意外な数字とは

    【実燃費対決】歴代 GT-R が叩き出した意外な数字とは

  3. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

    テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  4. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  5. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  6. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  7. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  8. 【メルセデス・ベンツ BlueEFFICIENCY テクノロジー】いかにして自動車を未来に存続させるか?

  9. アウディ、EVで新車攻勢…2018年から毎年新型車投入へ

  10. 三菱リコール問題を一気読み

アクセスランキングをもっと見る