【デトロイトモーターショー15】レクサス GS F 、「ドイツ競合車よりも130kg以上軽い」

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F(デトロイトモーターショー15)
  • レクサス GS F
  • レクサス GS F
レクサスが2015年1月13日、米国で開催中のデトロイトモーターショー15で初公開した『GS F』。同車が意識するのは、やはりドイツの高性能セダンだろう。

GS Fはレクサスの高性能車、「Fモデル」の最新作。ベース車両は、レクサス『GS』。『RC F』に続いて、レクサスのスポーツイメージを、さらに強化する役割を担う。

パワートレインは、RC F譲り。2UR-GSE型 直噴5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、北米仕様の場合、最大出力473ps/7100rpm、最大トルク53.7kgm/4800-5600rpmを発生する。

レクサスGS F は、メルセデスベンツ『E63 AMG』やBMW『M5』など、ドイツ製のハイパフォーマンスセダンと競合する。メルセデスベンツ『E63AMG S』の場合、直噴5.5リットルV型8気筒ツインターボは、最大出力585ps/5500rpm、最大トルク81.5kgm/1750-5000rpm。BMW M5の直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボは、最大出力560ps/6000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmを引き出す。

550ps超えのライバルに対して、GS Fの最大出力473psは、控えめ。過給器付きエンジンを採用していないのは、レクサスによると、自然吸気エンジンならではのリニア感や、レスポンスの良さを追求しているためだという。

一方、レクサスがGS Fの長所としているのは、競合車に対する軽さ。例えば、メルセデスベンツE63 AMGは、1990kg、BMW M5は1975kg(いずれも米国仕様車)。これに対して、レクサスGS Fは1830kg。レクサスは、「ドイツの競合セダンよりも、GS Fは130kg以上軽い」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

    ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  4. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  7. メルセデス Aクラス、次世代型はSUV風に進化する!?

  8. 【グッドウッド16】ニュルFF最速、VW ゴルフ GTI クラブスポーツS…ヒルクライムに

  9. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る