バス・トラックに車線逸脱警報装置の装備を義務付け

自動車 社会 行政

国土交通省は、道路運送車両の保安基準を改正して、バス・トラックへの車線逸脱警報装置(LDWS)の装備を義務付けると発表した。

車線逸脱警報装置は、自動車が走行中に車線から逸脱する可能性がある場合、運転者に警報することにより自動車の車線からの逸脱を防止する装置。

車線逸脱警報装置の装着を義務付けるのは、車両総重量3.5トン以上のバス・トラックが対象。

施行時期は車両総重量ごとに設定しており、新型車は2017年11月1日から順次、継続生産車は2019年11月1日から順次、適用される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 定員オーバー車で転覆、7人が重軽傷 運転者は免許取得直後

    定員オーバー車で転覆、7人が重軽傷 運転者は免許取得直後

  2. 九州道・益城熊本空港IC=嘉島JCT間の速度規制を緩和

    九州道・益城熊本空港IC=嘉島JCT間の速度規制を緩和

  3. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  4. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

  5. 路線バスの電柱衝突、睡眠時無呼吸症候群を起因とした居眠り運転で発生

  6. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  7. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 逆走の軽乗用車が順走車2台と次々に衝突、4人が重軽傷

  10. 原発警備に向かう警官4人の乗ったワゴン車と大型トラックが正面衝突

アクセスランキングをもっと見る