バス・トラックに車線逸脱警報装置の装備を義務付け

自動車 社会 行政

日野・プロフィア(参考画像)
  • 日野・プロフィア(参考画像)
  • バス・トラックへの車線逸脱警報装置の装着義務付けの適用時期
国土交通省は、道路運送車両の保安基準を改正して、バス・トラックへの車線逸脱警報装置(LDWS)の装備を義務付けると発表した。

車線逸脱警報装置は、自動車が走行中に車線から逸脱する可能性がある場合、運転者に警報することにより自動車の車線からの逸脱を防止する装置。

車線逸脱警報装置の装着を義務付けるのは、車両総重量3.5トン以上のバス・トラックが対象。

施行時期は車両総重量ごとに設定しており、新型車は2017年11月1日から順次、継続生産車は2019年11月1日から順次、適用される。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品