愛知県のFCV向け水素ステーション、2か所が完成…2月中に営業開始

自動車 ビジネス 企業動向

豊田通商と日本エア・リキードは、名古屋市熱田区と豊田市の2か所で建設を進めていた水素ステーションが完工し、1月19日に竣工式を実施した。

同水素ステーションは、2014年度中の自動車各社の燃料電池自動車(FCV)の販売開始に伴い、水素供給を目的に両社が取り組みを進めていたもので、2月中の営業開始を目指す。

名古屋熱田水素ステーションは、名古屋市中心部で唯一かつ初の商業用水素ステーション。また豊田インターチェンジ水素ステーションは、豊田市内初の商業用水素ステーションで、ガソリンスタンド併設型の水素ステーションのモデルケースとして位置づけられている。

2か所の水素ステーションの事業運営は、両社の合弁会社、豊通エア・リキードハイドロジェンエナジーが行う。また、水素供給は、外部から調達した水素を利用する「圧縮水素オフサイト方式」で、日本エア・リキードが、技術、設備管理および安全管理を行い、豊田通商が経営および管理業務を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品