【オートモーティブワールド15】ボッシュの電動自転車は4段階のパワーモード

自動車 ビジネス 企業動向

機械式の変速機はパワーアシストとは別で手動で任意に切り替える
  • 機械式の変速機はパワーアシストとは別で手動で任意に切り替える
  • 路面の状況によってペダルが重くなる。
  • モーター部分
  • ボッシュの電動自転車(オートモーティブワールド15)
  • ボッシュの電動自転車(オートモーティブワールド15)
  • テラモータースバイクのモーターはボッシュ製
日本ではあまりみかけないが、EUではボッシュのパワーユニットを搭載した電動自転車が存在する。「オートモーティブワールド2015」のボッシュのブースでは、電動自転車を使ったアトラクションが人気だった。

ダイナモ上の電動自転車にまたがり、ペダルをこぐと正面のスクリーンが動き出し、坂道や道路の状況によってダイナモのローラーが重くなったりする。これを電動自転車のアシストと制御でどれくらい楽になるのかを体験できるというアトラクションだ。

EUの電動自転車は、日本のものと同様にパワーアシスト方式だ。中国や一部アジアで一般的なペダルもついたモーター駆動の自転車ではない。ペダルをこがなければアシスト機構は働かないが、日本の一般的な電動自転車との違いはパワーアシストモードが4段階になっていることだ。

アトラクションに使われている自転車は、EUでは実際に売られているものだそうで、ボッシュは50社以上の自転車メーカーに電動アシスト機構(バッテリー、モーター、制御機構、コントローラー)をOEM供給している。注文があれば日本企業へも販売したいとのことだ。

アトラクションの近くには、テラモータースの電動バイクも展示されていた。テラモータースのバイクのインホイールモーターとその制御ユニットはボッシュ製だからだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  2. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

    震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  3. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  4. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  5. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  6. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  7. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  8. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  9. F1からWorldRXまで、見たいときにスマホで観戦…ネット配信「DAZN」スタート

  10. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら