【オートモーティブワールド15】ボッシュの電動自転車は4段階のパワーモード

自動車 ビジネス 企業動向

機械式の変速機はパワーアシストとは別で手動で任意に切り替える
  • 機械式の変速機はパワーアシストとは別で手動で任意に切り替える
  • 路面の状況によってペダルが重くなる。
  • モーター部分
  • ボッシュの電動自転車(オートモーティブワールド15)
  • ボッシュの電動自転車(オートモーティブワールド15)
  • テラモータースバイクのモーターはボッシュ製
日本ではあまりみかけないが、EUではボッシュのパワーユニットを搭載した電動自転車が存在する。「オートモーティブワールド2015」のボッシュのブースでは、電動自転車を使ったアトラクションが人気だった。

ダイナモ上の電動自転車にまたがり、ペダルをこぐと正面のスクリーンが動き出し、坂道や道路の状況によってダイナモのローラーが重くなったりする。これを電動自転車のアシストと制御でどれくらい楽になるのかを体験できるというアトラクションだ。

EUの電動自転車は、日本のものと同様にパワーアシスト方式だ。中国や一部アジアで一般的なペダルもついたモーター駆動の自転車ではない。ペダルをこがなければアシスト機構は働かないが、日本の一般的な電動自転車との違いはパワーアシストモードが4段階になっていることだ。

アトラクションに使われている自転車は、EUでは実際に売られているものだそうで、ボッシュは50社以上の自転車メーカーに電動アシスト機構(バッテリー、モーター、制御機構、コントローラー)をOEM供給している。注文があれば日本企業へも販売したいとのことだ。

アトラクションの近くには、テラモータースの電動バイクも展示されていた。テラモータースのバイクのインホイールモーターとその制御ユニットはボッシュ製だからだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  2. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

    ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  3. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  4. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  5. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

  8. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  9. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  10. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら