【オートモーティブワールド15】コネクテッドカーや統合コックピットを支える「R-Car」シリーズ…ルネサス

自動車 ビジネス 企業動向

統合コックピットでは、高精細動画の処理だけでなく、メーターパネルなどでは3Dグラフィックスのリアルタイム描画なども必要
  • 統合コックピットでは、高精細動画の処理だけでなく、メーターパネルなどでは3Dグラフィックスのリアルタイム描画なども必要
  • ルネサスのR-Carシリーズ(オートモーティブワールド15)
  • ルネサスのR-Carシリーズ(オートモーティブワールド15)
  • ルネサス(オートモーティブワールド15)
14日に開幕したオートモーティブワールド2015、ルネサスのブースでは、メータークラスタ、センターコンソール、エンターテインメント、さらにはスマートフォンなどモバイルデバイスを統合した未来のコックピットの提案モデルをデモ展示している。

この統合コックピットを実現するためルネサスは『R-Car』シリーズと呼ばれるソリューションを開発・提供している。このソリューションシリーズはエントリーモデル(R-CarE)、ミッドエンドモデル(R-CarM)、ハイエンドモデル(R-CarH)の3段階構成となっている。

エントリーモデルはディスプレイオーディオなど基本的なIVI機能を実現するための能力を持ったチップセット。ミッドエンドモデルは、センターコンソールとモバイルデバイスの統合まで可能なIVIやコネクテッドカー向けのソリューションとなる。ハイエンドモデルになると、処理速度、CPU、GPUの処理能力、メモリ、IOチャネル数などが拡大され、3D動画や高度な演算にも対応し、メータークラスタとの連携やCAN(車両制御用のLANネットワーク)のようなクリティカルなデータの利用も可能になる。

R-Carシリーズは現在第2世代まで進んでおり、R-CarM2はすでに量産体制に入っている。E2およびH2は2016年初頭を目指して開発が進められている。さらに2018年に量産開始を目指している第3世代のR-Carは、チップセットのシングルSoC化、仮想レイヤの導入によるリアルタイムOS(エンジン制御などクリティカルな処理を担当)とマルチタスクOS(IVIやコネクティビティを担当)の混在・協調を可能にしたいとしている。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

    爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. メルセデスベンツ / スマート 、国内販売価格を約2%値上げ…6月1日より

アクセスランキングをもっと見る