【オートモーティブワールド15】ZMP、広画角レーザーレーダーやVisLab社製カメラを公開

自動車 ビジネス 国内マーケット

ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • コニカミノルタ製 広画角レーザーレーダー
  • VisLab社製 ステレオカメラ
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
ZMPは「オートモーティブワールド2015」で、自動運転開発用プラットフォーム「Robo Car」向けの新しい技術デバイスとして、最大24レイヤーの広画角レーザーレーダー、および1秒間に最大で700万点を出力して3次元空間を再構築するステレオカメラを初公開している。

このうち広画角レーザーレーダーはコニカミノルタ製で、垂直方向に最大24レイヤー、水平画角は最大180度のスキャンが可能。

ZMPの西村明浩取締役は「反応もすごく良くて、24層あるのでタテ方向の検出がすごく細かくでき、しかも密度も濃く出るので、幅広く検知、観測できるのが特徴。今後いろんな可能性を探っていこうということで共同でマーケティングを行っていく」と語る。

一方のステレオカメラは伊VisLab社製で、「このカメラは1秒間に最大700万点の距離をひとつひとつ計算し、近いところは青く、遠いところは黄色で出力し、視差画像表示できる」という。

このほかZMPブースではGPSや日本の準天頂衛星「みちびき」、ロシアの「グロナス」に対応し、計測データをCANフォーマットで出力するセンサーモジュール『Position-Z2』も出展。従来製品よりも対応衛星数が倍増し、ビルの谷間などでの測位感度が向上しているという。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  5. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  8. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  9. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  10. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら