【オートモーティブワールド15】ZMP、広画角レーザーレーダーやVisLab社製カメラを公開

自動車 ビジネス 国内マーケット

ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • コニカミノルタ製 広画角レーザーレーダー
  • VisLab社製 ステレオカメラ
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
  • ZMPブース(オートモーティブワールド15)
ZMPは「オートモーティブワールド2015」で、自動運転開発用プラットフォーム「Robo Car」向けの新しい技術デバイスとして、最大24レイヤーの広画角レーザーレーダー、および1秒間に最大で700万点を出力して3次元空間を再構築するステレオカメラを初公開している。

このうち広画角レーザーレーダーはコニカミノルタ製で、垂直方向に最大24レイヤー、水平画角は最大180度のスキャンが可能。

ZMPの西村明浩取締役は「反応もすごく良くて、24層あるのでタテ方向の検出がすごく細かくでき、しかも密度も濃く出るので、幅広く検知、観測できるのが特徴。今後いろんな可能性を探っていこうということで共同でマーケティングを行っていく」と語る。

一方のステレオカメラは伊VisLab社製で、「このカメラは1秒間に最大700万点の距離をひとつひとつ計算し、近いところは青く、遠いところは黄色で出力し、視差画像表示できる」という。

このほかZMPブースではGPSや日本の準天頂衛星「みちびき」、ロシアの「グロナス」に対応し、計測データをCANフォーマットで出力するセンサーモジュール『Position-Z2』も出展。従来製品よりも対応衛星数が倍増し、ビルの谷間などでの測位感度が向上しているという。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

    三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  3. 作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

    作業効率が大幅にアップするバランスウエイト。マルエム、1年がかりの自信作

  4. スタッドレスタイヤ購入先、オートバックスが2年連続トップ

  5. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  6. デンソーの人工知能プロジェクト…ADAS研究における立ち位置

  7. オークネット、8年ぶりの上場…東京証券取引所が承認

  8. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

  9. デンソーの人工知能プロジェクト…ねらいは車載器とIoT

  10. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら