【メルセデスベンツ Bクラス 新型発表】広い室内空間が進化、4WDモデルも追加

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Bクラス 新型(東京オートサロン15)
  • メルセデスベンツ Bクラス 新型(東京オートサロン15)
  • メルセデスベンツ・B180
  • メルセデスベンツ・新型Bクラス
  • メルセデスベンツ・新型Bクラス
  • メルセデスベンツ・B250 4MATICスポーツ
  • メルセデスベンツ・B250 4MATICスポーツ
  • メルセデスベンツ・B250 4MATICスポーツ
  • メルセデスベンツ・B180
メルセデス・ベンツ日本は、新型『Bクラス』を2月初旬に発売すると発表した。

新型Bクラスは、最大の特長である広い室内空間と優れた実用性をさらに進化させた。多くの立体駐車場に対応する1550mm未満の全高でありながら、室内は『Eクラス』以上の広々としたヘッドクリアランスを確保。また、後席のレッグスペースもEクラスより広くなっている。

さらにラゲッジルームは、セグメント最大容量を確保。通常時の488リットルから、後席を倒せば最大1547リッターまで広がり、大きく開くテールゲートやホイールハウスの張り出しの少ないフラットな形状とともに、乗員数や荷物の形、大きさに合わせた幅広い使い分けが可能となっている。

エクステリアは、最新のメルセデスデザインを採用した、よりスポーティなデザインへと進化。ヘッドライトにはメインビーム、ポジショニングライト、ウィンカー、ドライビングライトなどにLEDを採用したLEDハイパフォーマンスヘッドライト(アダプティブハイビームアシスト付)を設定した。

安全性能では、「CPAプラス(緊急ブレーキ機能)」や、ドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を引き続き全車に標準装備。さらに渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」や「ブラインドスポットアシスト」などを含む安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を設定し、高い安全性と快適性を実現している。

装備面では、最新世代のCOMANDシステムを採用し、視認性に優れた大型の8インチディスプレイとわかりやすいデザインにより使いやすさが大幅に向上。カー・コネクティビティでは、従来のBluetoothに加え、Wi-Fiテザリング機能を追加し、高速のデータ通信によってCOMANDオンラインでの情報検索や目的地周辺の確認などが迅速に行えるようになった。

ラインアップは、1.6リットル直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「B180」「B180スポーツ」、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンにBクラス初となる「4MATIC」を搭載した「B250 4MATICスポーツ」の3グレードとなる。

価格はB180が307万円、B180スポーツが384万円、B250 4MATICスポーツが490万円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品