人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

トヨタ のインド販売、8%増…2か月連続プラス 2014年12月

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は2014年12月31日、12月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、12月の総販売台数は1万3628台(輸出を含む)。前年実績の1万2622台に対して、8%増となり、2か月連続で前年実績を上回った。

TKMは2014年3月中旬、インド国内の2工場をロックアウト(一時閉鎖)。賃金交渉が難航し、一部の従業員が生産を妨害したり、会社を脅迫したりしていることを受けて、TKMが工場のロックアウトに踏み切った。その後、工場では1か月間、通常の操業が出来ない状態だったが、2014年4月下旬から、通常の生産体制に復帰。

12月実績の1万3628台の内訳は、インド国内販売分が1万1740台。前年同月比は10.3%増と、2か月連続で増加した。TKMは2014年10月、主力車の『エティオス』と『エティオス・リーバ』に初の大幅改良を実施。その効果が持続する。

また、TKMは2012年4月から、現地生産車の『エティオス』シリーズの海外向け輸出を開始。12月はこのエティオスを、1888台輸出した。

TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「11月に上向いた販売が、12月も持続した。顧客は12月に実施したキャンペーンを歓迎してくれた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  5. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  6. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  7. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  8. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る