2015年、上野東京ライン開業…グリーン車利用増にも波及するか

鉄道 企業動向

東京駅、東海道線のグリーン車乗降エリア(9~10番)
  • 東京駅、東海道線のグリーン車乗降エリア(9~10番)
  • JR東日本が展開する「普通列車グリーン車」サービスのエリアイメージ
  • グリーン車が連結されていたころの211系(尾久付近)
  • 山手線電車の奥に上野東京ラインの急勾配が見える
  • 1994年に登場した横須賀・総武線快速用E217系
  • 湯本駅を発つ下り常磐線特急。上野東京ラインの開業にあわせ、新たに「定期券用ウィークリー料金券」が設定される
  • グリーン車の乗務員(グリーンアテンダント)
  • 乗務員(グリーンアテンダント)による車内販売サービス
東京を南北に縦貫する「上野東京ライン」が2015年3月に開業し、宇都宮・高崎線と東海道線の相互直通運転、常磐線の品川駅乗り入れが実施される。この新たな直通サービスが開始されると、「グリーン車の利用客も増えるだろう」といわれている。

現在、東海道線、横須賀・総武線快速、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、常磐線の普通(快速)列車にはグリーン車が連結され、「普通列車グリーン車」というサービスが行なわれている。車内では、「グリーン車Suicaシステム」で車内改札を省略、乗務員(グリーンアテンダント)による車内販売サービスなども行なわれている。

師走の金曜日、夜。総武快速線錦糸町駅や東海道線川崎駅、東北線赤羽駅でグリーン車を見てみると、2階建て車両の上階はほぼ満席、下階に若干の空席があるという状況だった。

東海道線のグリーン車のスタッフは「3月から上野東京ラインが始まると、東海道線や東北線、高崎線などで夕方以降のグリーン車利用が増えると思う」と話していた。

上野駅のスタッフは「これまで上野駅や東京駅から始発列車で着席して帰っていた利用者のなかには、『直通化されて座れなくなる』と感じている人もいる。こうした人たちの一部は今後、グリーン車を利用するようになるんじゃないか」ともいう。

上野東京ライン開業後、17~23時の宇都宮・高崎線の北行き列車は、5~6割が東海道線から直通。また常磐線の特急には、新たな着席サービス「定期券用ウィークリー料金券」が導入される。直通化で便利になるいっぽうで、「座って帰りたい」と思う人たちの“電車の選択”にも変化がありそうだ。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

    西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  2. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

    JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  3. 【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

    【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

  4. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  5. 【SL乗務員OBトーク #2】水がない情けなさ、急勾配のリアル

  6. 北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

  7. 【SL乗務員OBトーク #1】弁当が腐らない蒸機、闇添、ゴサンと生きる

  8. 震災運休の常磐線相馬-浜吉田間、12月10日再開へ…3駅を移設

  9. ホームドア設置計画とホーム警備員増配置を見直す...東京メトロ

  10. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら