テスラのEVスポーツ「ロードスター」、アップグレードを予告

エコカー EV

テスラ ロードスター
  • テスラ ロードスター
  • テスラ ロードスター
  • 公式Twitterでテスラロードスターのアップデートを予告したイーロン・マスクCEO
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズの最初の市販EV、『ロードスター』。2012年に生産を終了した同車が、既存オーナーに対して、アップグレードを間もなく発表する。

これは12月19日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、自身の公式Twitterページで明らかにしたもの。同CEOは、「来週中に、ロードスターのアップデートの詳細を発表する」とつぶやいている。

テスラ ロードスターは、2006年に発表。2003年に設立されたテスラモーターズが、最初の市販EVとして、ロータス『エリーゼ』をベースに開発したのが、ロードスター。

2009年1月には、「スポーツ」グレードを追加。モーターは最大出力288ps、最大トルク40.8kgmを引き出す。0-96km/h加速3.7秒、最高速201km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現。また1回の充電で、最大約390kmを走行できる。

今回、イーロン・マスクCEOは、ロードスターの既存オーナーに対して、アップグレードを発表することを明かした。その内容は、現時点では公表されていないが、同CEOは、「いくつかの危機的問題の改善を最重視」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米国VW、ハイブリッドの販売を終了へ

    米国VW、ハイブリッドの販売を終了へ

  2. 『頭文字D』主要登場車中で実燃費ナンバーワンは?…e燃費が発表

    『頭文字D』主要登場車中で実燃費ナンバーワンは?…e燃費が発表

  3. 日産 リーフ 、ノルウェー販売が6割増…1-5月

    日産 リーフ 、ノルウェー販売が6割増…1-5月

  4. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  5. ヒュンダイの「プリウス ハンター」、アイオニック 全貌公開…目標はHV世界最高燃費

  6. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  7. どうなるEVの充電方式…EUにおける「コンボ」対「チャデモ」の戦い

  8. スポーツカー実燃費ランキング、新旧軽自動車が上位を独占…e燃費調べ

  9. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  10. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

アクセスランキングをもっと見る