テスラのEVスポーツ「ロードスター」、アップグレードを予告

エコカー EV

テスラ ロードスター
  • テスラ ロードスター
  • テスラ ロードスター
  • 公式Twitterでテスラロードスターのアップデートを予告したイーロン・マスクCEO
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズの最初の市販EV、『ロードスター』。2012年に生産を終了した同車が、既存オーナーに対して、アップグレードを間もなく発表する。

これは12月19日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、自身の公式Twitterページで明らかにしたもの。同CEOは、「来週中に、ロードスターのアップデートの詳細を発表する」とつぶやいている。

テスラ ロードスターは、2006年に発表。2003年に設立されたテスラモーターズが、最初の市販EVとして、ロータス『エリーゼ』をベースに開発したのが、ロードスター。

2009年1月には、「スポーツ」グレードを追加。モーターは最大出力288ps、最大トルク40.8kgmを引き出す。0-96km/h加速3.7秒、最高速201km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを実現。また1回の充電で、最大約390kmを走行できる。

今回、イーロン・マスクCEOは、ロードスターの既存オーナーに対して、アップグレードを発表することを明かした。その内容は、現時点では公表されていないが、同CEOは、「いくつかの危機的問題の改善を最重視」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. エコ運転教習のファインモータースクール、エコドライブ全国大会で3年連続表彰台

    エコ運転教習のファインモータースクール、エコドライブ全国大会で3年連続表彰台

  3. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  4. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  5. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  6. テスラ モデルS の新機能、“スマホで自動駐車”を試してみた

  7. 三菱リコール問題を一気読み

  8. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  9. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、44%増の14万台超え 上半期

  10. 米国VW、ハイブリッドの販売を終了へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら