ホンダ シビック 米国仕様、次期「タイプR」のエンジン搭載か

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ シビック クーペSi の2014年モデル(SEMAショー2013)
  • ホンダ シビック クーペSi の2014年モデル(SEMAショー2013)
  • ホンダが次期シビック タイプR用のエンジンを、米国向けシビックに搭載することを計画中と伝えたスペイン『Motor y Racing』
ホンダが、2015年に発売する予定の次期『シビック タイプR』。同車のエンジンが、他のホンダ車に搭載される可能性が出てきた。

これは、スペインの自動車メディア、『Motor y Racing』が報じたもの。同メディアが、独自ソースから得た情報として、「ホンダが次期シビック タイプR用のエンジンを、米国向け『シビック』に搭載することを計画中」と、伝えている。

次期シビック タイプRには、2.0リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」をターボで過給したユニットを搭載することが確定済み。最大出力は、現時点では280ps以上、とだけ公表されている。

いわば、「門外不出」のタイプR専用エンジンが、他車に転用されることなど、あり得るのか。同メディアによると、米国向けシビックの高性能グレードに、次期タイプR用のエンジンを積む計画があるという。

現在、米国仕様のシビックには、「Si」を名乗るスポーティグレードが存在。同メディアは、次期タイプRのエンジンを載せた米国向けシビックの発売時期について、「2016年」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  8. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  9. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  10. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら