レクサス、最上級クーペの LF-LC を市販か…車名は「LC」の可能性

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサス LF-LC ブルーコンセプト
  • レクサスがLC500、LC500hの名前を商標登録したと伝えた「LEXUS ENTHUSIAST」
レクサスが2012年1月、デトロイトモーターショー12に出品したハイブリッドスポーツクーペコンセプトカー、『LF-LC』。同車がいよいよ、市販される可能性が出てきた。

これは12月4日、レクサスのファンサイト、「LEXUS ENTHUSIAST」が伝えたもの。同サイトが、独自ソースから得た情報として、「レクサスが米国、カナダ、オーストラリアで、『LC500』、『LC500h』の名前を商標登録した」と紹介している。

このLC500とLC500h、コンセプトカーのLF-LCの市販版と見られる。LF-LCは、レクサスの今後のデザインの方向性を示唆したスタディモデル。2010年7月に『SC』の生産を終了したレクサスが、SCに代わる最上級クーペを提示した1台だった。

LF-LCはこれまで、多くのモーターショーのレクサスブースに展示されてきた。デトロイトモーターショー12に続いて2012年10月、オーストラリアで開催されたシドニーモーターショー12では、『LF-LC ブルーコンセプト』に進化。デトロイトでの赤いボディカラーから、シックなオパールブルーに一新された。インテリアも、ブルーのボディカラーに合わせて、ドアトリムなどをベージュに変更。

また、シドニーモーターショー12では、新世代ハイブリッドパワートレインが、トータル出力500ps以上であることも公表。駆動方式は4WDとなる。

このLF-LCの市販版が LC500、LC500hとして登場する可能性が出てきた。同サイトは、パワートレインについて、「LC500は『RC F』用の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジン。LC500hはハイブリッド」とレポートしている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品