オランダの高級スポーツカー、スパイカーが経営破綻

自動車 ビジネス 企業動向

スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
オランダに本拠を置く高級スポーツカーメーカー、スパイカー。同社が、経営破綻したことが分かった。

これは12月2日、スパイカーが明らかにしたもの。同社は、「オランダの地方裁判所に、破産法の適用を申請した」と発表している。

スパイカーは1997年に設立。1880-1925年、オランダに存在していた自動車メーカー、スパイカー社とは無関係だが、スパイカー社の精神を受け継ぐ自動車メーカー。

スパイカーの市販第1号車が、2000年に発表された『C8ラヴィオレット』と、そのオープン版、『C8スパイダー』。ラヴィオレットの後継車として、09年3月には『C8エルロン』を発表した。さらに09年8月、『C8エルロンスパイダー』を初公開。アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジン(最大出力400ps)を搭載し、最高速300km/hを誇るスーパーカー。

スパイカーは2010年初頭、スウェーデンの自動車メーカー、サーブを買収して一躍有名に。しかし、その後は経営不振に陥り、2012年12月には中国のヤングマン(浙江青年蓮花汽車集団)からの出資を受け入れ。最近では、新型スポーツカーの『B6ヴェナトール』の量産化を目指していた。

12月2日、スパイカーは、オランダの地方裁判所に破産法の適用を申請し、経営破綻。スパイカーのビクター・ミューラーCEOは、「この数年間、スパイカーは困難な状況に直面してきた。そして、取締役会で慎重に議論を重ねた結果、破産法の適用申請を決断した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  5. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  6. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  7. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  8. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  9. MINI福岡西/MINI NEXT福岡西、移転リニューアル 7月30日

  10. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら