オランダの高級スポーツカー、スパイカーが経営破綻

自動車 ビジネス 企業動向

スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
  • スパイカー B6ヴェナトール スパイダー コンセプト
オランダに本拠を置く高級スポーツカーメーカー、スパイカー。同社が、経営破綻したことが分かった。

これは12月2日、スパイカーが明らかにしたもの。同社は、「オランダの地方裁判所に、破産法の適用を申請した」と発表している。

スパイカーは1997年に設立。1880-1925年、オランダに存在していた自動車メーカー、スパイカー社とは無関係だが、スパイカー社の精神を受け継ぐ自動車メーカー。

スパイカーの市販第1号車が、2000年に発表された『C8ラヴィオレット』と、そのオープン版、『C8スパイダー』。ラヴィオレットの後継車として、09年3月には『C8エルロン』を発表した。さらに09年8月、『C8エルロンスパイダー』を初公開。アウディ製の4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジン(最大出力400ps)を搭載し、最高速300km/hを誇るスーパーカー。

スパイカーは2010年初頭、スウェーデンの自動車メーカー、サーブを買収して一躍有名に。しかし、その後は経営不振に陥り、2012年12月には中国のヤングマン(浙江青年蓮花汽車集団)からの出資を受け入れ。最近では、新型スポーツカーの『B6ヴェナトール』の量産化を目指していた。

12月2日、スパイカーは、オランダの地方裁判所に破産法の適用を申請し、経営破綻。スパイカーのビクター・ミューラーCEOは、「この数年間、スパイカーは困難な状況に直面してきた。そして、取締役会で慎重に議論を重ねた結果、破産法の適用申請を決断した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  7. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る