大糸線、12月7日から全区間再開へ

鉄道 企業動向

JR東日本長野支社は12月2日、長野県北部で発生した地震(長野県神城断層地震)のため運転を見合わせている大糸線白馬(長野県白馬村)~南小谷(小谷村)間について、12月7日の初発から運転を再開する見込みと発表した。

大糸線は地震が発生した11月22日夜から運転を見合わせたが、11月26日までに白馬~南小谷間を除く区間が順次運転を再開。白馬~南小谷間は土砂流入などの被害が発生したため復旧作業に時間がかかっており、現在は同区間で上下各4本の代行バスが運行されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  4. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  5. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  6. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  7. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  8. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  9. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  10. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

アクセスランキングをもっと見る