自転車のままモノレールへ、千葉で実証実験…「担いで階段」など課題

鉄道 企業動向

自転車を担いで階段を昇り、モノレール乗り場へと向かう参加者たち(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 自転車を担いで階段を昇り、モノレール乗り場へと向かう参加者たち(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 貸切列車に自転車を載せる参加者たち(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 自転車を転がして千葉みなと駅の改札口を通る参加者たち(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 千城台駅付近を走る千葉モノレール1000形(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 改札口前に置かれた自転車。このあとモノレール乗り場まで再び階段を昇る必要がある(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 千葉みなと駅は、2階部分に改札口、3階部分にホームがある(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • 自転車を担いで階段を昇り、モノレール乗り場へと向かう参加者たち(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
  • モノレールから自転車を下ろし、そのあと高速バスに自転車を載せて房総方面へ向かうという使い方も考えられる(11月30日、千葉モノレール実証実験「サイクル&モノレール」)
千葉モノレールは11月30日、自転車を車内に持ち込む実証実験「サイクル&モノレール」を実施。初めて公募で参加者を募った同社は、「モノレールと自転車を組み合わせた移動を実際に体験してもらい、さまざまな声を集めながら課題に取り組みたい」という。

この日、「貸切」表示の臨時列車(1000形)は、ロードバイク愛好家たちを乗せて千城台駅を10時09分に出発。千城台と千葉みなとの間を1往復した。

“ママチャリ”などの姿がなかった理由について同社は「今回、地上とホームの間を移動するさいに、エレベータやエスカレータが使用できないという条件があったからか、重量が軽いロードバイクの人たちが集まったようだ」と話していた。

「空中散歩」といったキャッチコピーで紹介されることもあるモノレール。自転車をモノレールに載せる場合、エレベーターやエスカレーターがない駅などでは、自転車を担いで長い階段を昇り降りすることになる。

参加者からは「ママチャリを載せたり、家族みんなでモノレールに自転車を載せるとなると、自転車を担いで昇り降りは難しいだろう」という声。同社は「路面電車などと違い、高い位置を走るモノレールに自転車を載せるとなると、さまざまな課題に直面する。ユーザーの声を聞きながら、ひとつひとつ検証していきたい」と話していた。

また、モノレールは一般的な鉄道車両よりも車体幅が小さいため、「通勤・通学時間帯などに自転車は載せられないだろう」という声もあった。

参加者のひとりは、「車体幅が小さいモノレールにスポーツ車を積み込むと、ギアが露出しているから、周囲の人たちの足元を汚してしまう可能性がある。今回、体験してみていろいろ課題が見えた」と話していた。
《大野雅人》

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. JR西日本、大阪駅の6・7番線にホームドア設置へ…来春使用開始

  10. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

アクセスランキングをもっと見る