静岡鉄道、約40年ぶり新型車両導入…2016年春から

鉄道 企業動向

静岡鉄道が約40年ぶりに導入する新型車両のイメージ。2016年春から運行を開始する。
  • 静岡鉄道が約40年ぶりに導入する新型車両のイメージ。2016年春から運行を開始する。
  • 車内のイメージ。液晶画面による案内装置などを設置する。
  • 車内には車椅子・ベビーカースペースも設ける。
  • 静岡鉄道の静岡清水線で現在運用されている1000形。同線への新型車両の導入は約40年ぶりになる。
静岡鉄道はこのほど、静岡清水線に新型車両を導入すると発表した。2016年春からの運行開始を目指し、8年計画で24両(2両編成12本)を導入する。

新型車両の車体はステンレス製。照明のLED化などにより省エネルギー化を図る。営業最高速度は現行車両の1000形と同じ70km/hで、制御方式はVVVFインバーター方式を採用。回生ブレーキと交流モーターを搭載する。主要機器の二重化や台車への滑走防止装置の装備により、安全性の向上を図る。

外観は「都会的で魅力的な街並みをつくる車両」のイメージでデザインするが、カラーリングは現在検討している。客室は全席ロングシートで、ベビーカー・車椅子スペースも設ける。日本工業規格の一人あたり床面積が現行車両の1000形導入時より広くなったため、定員は1000形より21人少ない119人になるが、利用できる広さは1000形と同じだ。このほか、液晶画面の案内装置なども設ける。

新静岡(静岡市葵区)~新清水(清水区)間11.0kmを結ぶ静岡清水線では現在、1973年から1985年にかけて導入された1000形24両(2両編成12本)が運用されている。同線に新形式の車両が導入されるのは約40年ぶりになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

    北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  2. JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

    JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

  3. 583系が東大宮操、E653系が京葉車セ…ディズニー客輸送列車の回送先

    583系が東大宮操、E653系が京葉車セ…ディズニー客輸送列車の回送先

  4. JR東海のキハ25形2次車、8月から紀勢・参宮線で運用開始…旧型車はミャンマーへ

  5. JR東日本、ネット予約の切符受取場所を北海道全域に拡大…12月から

  6. JR西日本、近畿エリアのべ300駅に「駅ナンバー」導入…券売機も対応

  7. 熊本地震で運休の南阿蘇鉄道、7月31日に一部再開…トロッコ列車も

  8. 京浜東北線の2駅にホームドア設置へ…埼玉県内JR初

  9. 函館本線山線経由の特急『ニセコ』運転 8月29日から

  10. 大井川鐵道、今年も「トーマス」重連特別列車…新キャラ「バスのバーティー」と並走

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら