静岡鉄道、約40年ぶり新型車両導入…2016年春から | レスポンス(Response.jp)

静岡鉄道、約40年ぶり新型車両導入…2016年春から

鉄道 企業動向

静岡鉄道が約40年ぶりに導入する新型車両のイメージ。2016年春から運行を開始する。
  • 静岡鉄道が約40年ぶりに導入する新型車両のイメージ。2016年春から運行を開始する。
  • 車内のイメージ。液晶画面による案内装置などを設置する。
  • 車内には車椅子・ベビーカースペースも設ける。
  • 静岡鉄道の静岡清水線で現在運用されている1000形。同線への新型車両の導入は約40年ぶりになる。
静岡鉄道はこのほど、静岡清水線に新型車両を導入すると発表した。2016年春からの運行開始を目指し、8年計画で24両(2両編成12本)を導入する。

新型車両の車体はステンレス製。照明のLED化などにより省エネルギー化を図る。営業最高速度は現行車両の1000形と同じ70km/hで、制御方式はVVVFインバーター方式を採用。回生ブレーキと交流モーターを搭載する。主要機器の二重化や台車への滑走防止装置の装備により、安全性の向上を図る。

外観は「都会的で魅力的な街並みをつくる車両」のイメージでデザインするが、カラーリングは現在検討している。客室は全席ロングシートで、ベビーカー・車椅子スペースも設ける。日本工業規格の一人あたり床面積が現行車両の1000形導入時より広くなったため、定員は1000形より21人少ない119人になるが、利用できる広さは1000形と同じだ。このほか、液晶画面の案内装置なども設ける。

新静岡(静岡市葵区)~新清水(清水区)間11.0kmを結ぶ静岡清水線では現在、1973年から1985年にかけて導入された1000形24両(2両編成12本)が運用されている。同線に新形式の車両が導入されるのは約40年ぶりになる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品