「道の駅」を地域と大学の連携拠点に…国土交通省 | レスポンス(Response.jp)

「道の駅」を地域と大学の連携拠点に…国土交通省

自動車 社会 行政

大学の課外活動やインターシップの場として「道の駅」を活用
  • 大学の課外活動やインターシップの場として「道の駅」を活用
国土交通省は、「道の駅」を拠点に、大学との連携・交流を実施する。

道の駅には、地域の観光資源や魅力を語る人材が集まっており、地域の課題を解決する拠点となっている。一方で、将来の地域活性化の担い手となる人材を育成・確保するため、現場での就労体験を通して、実際的な知識や技術を学ぶことが重要視されている。

これらを背景に、道の駅を観光振興や地域振興を学ぶ学生の課外活動やインターンシップの場として活用する。

これまでも、地元大学などと個別に連携する事例はあったが、全国の道の駅を対象に実施することで、都市部の学生が地方の道の駅で交流するなど、新たな価値創造を見込む。

具体的には、観光資源調査、地域活性化プログラムの企画・立案や、ホームページ、SNSなどによる情報発信の提案・実施、地場産品を活用したオリジナル弁当開発などを想定している。

2015年度から受入開始に向け、派遣を希望する大学と、個別調整を進める予定。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品