最高齢97歳「子どもなんかに負けんぞいね!」…60-90代シニアがUNO大会でガチンコ勝負

エンターテインメント イベント

金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 「負けんぞいね!」と“金沢弁”でガッツポーズする60~90代の参加者たち
  • 最高齢97歳の男性もUNOを手にすると真剣!
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
  • 金沢市で開催されたシニア向けUNO大会決勝
石川県金沢市で11月24日、シニアのUNO大会決勝が行なわれ、60 - 90代男女47人が対決。最高齢となる97歳の男性は「子どもなんかに負けんぞいね!」と“金沢弁”で奮起。「興奮して血圧あがっちまう」という70代男性らと真剣勝負する姿が見られた。

「負けん」と発した97歳男性は、「シンガポールで開催された小中学生UNOアジア決勝で日本人の子どもが優勝した」というニュースを知らされて発奮。闘争心をあらわにして3ゲームに挑んだ。「UNOを始めるとみんな目つきが変わる」と60代女性は笑った。

主催したビースタイルケアの代表・山科学氏は、「シニアのUNO決勝大会は10年続く人気イベント。彼らが夢中になる源は、『ボケ防止』や『脳トレ』といった“ケア思考”ではなく、『勝ちたい』『負けたくない』という誰もが持っている本能から」と話す。

80代男性が「なぜ子どもたちだけにアジア大会があるんだ! じいさんばあさんの全国大会とか世界大会もやってくれよ。なあ!」と発すると、その横にいた車椅子の男性が「UNO!」と大きな声でカードを切っていた。

「シニア層はトランプよりUNOを選ぶようだ。孫たちといっしょに遊べるから。トランプと違ってカードを減らしていくという単純明快な“勝負”で子どもたちと対戦できるからだろう」(山科氏)

今回優勝したのは67歳の女性。得点と名前が発表されると思わずガッツポーズ。優勝を逃した男性は、「久しぶりに興奮した。今回は負けちゃったが来年またがんばる」と話していた。

シンガポールでは、11月23日に小中学生UNOアジア決勝が行なわれ、日本代表として参戦した阿部隼士選手(8歳)が優勝した。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エンターテインメント アクセスランキング

  1. 【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

    【GARMIN Edge 520J インプレ前編】コンパクトさと多機能を両立した定番サイクリングコンピュータの進化系

  2. 【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

    【GARMIN vivosmart HR J インプレ後編】常時心拍計測で始まる健康管理生活

  3. 【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ後編】もう「だまし峠」にはだまされない!コース設定でアクティビティに集中

    【GARMIN ForeAthlete630Jセット インプレ後編】もう「だまし峠」にはだまされない!コース設定でアクティビティに集中

  4. 【GARMIN vivoactive J インプレ前編】Apple Watchに似てApple Watchに非ず? カスタム自在の万能型スマートウォッチ

  5. 【GARMIN vivofit3 インプレ前編】充電不要のライフログバンド、最新モデル登場

  6. 【GARMIN vivofit3 インプレ中編】歩いたり走ったり、日常的なアクティビティに特化したライフログバンド

  7. 時代が変われば意義も問われる…ターボチャージャーの性能と設計

  8. 脈拍をモニター、不整脈をいち早く見つけるドコモのスマホアプリ

  9. 【GARMIN vivoactive J インプレ後編】ライバルはApple Watch? コスパで群抜く体育会系スマートウォッチ

  10. 【GARMIN Edge 520J インプレ後編】サイクルトレーニング用途に“エッジ”を立てたミドルクラスサイコン

アクセスランキングをもっと見る