【ロサンゼルスモーターショー14】トヨタ の新型 FCV 、MIRAI を北米初公開…水素は3年間無料供給

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
トヨタ自動車は11月18日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー14において、市販燃料電池車、『MIRAI』(未来、ミライ)を北米初公開した。

MIRAIは米国では、2015年秋から、カリフォルニア州で販売およびリースを開始する予定。それだけに、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は、カリフォルニア州で開催のロサンゼルスモーターショー14でのアピールに力を込める。

MIRAIの米国価格は、購入の場合、ベース価格が5万7500ドル(約670万円)。州政府による1万3000ドル(約150万円)のインセンティブが利用できる顧客は、価格が4万5000ドル(約525万円)以下に下がる。また、米国では一般的なリースの場合、契約時に3649ドル(約42万円)を支払う。3年契約での月々のリース料は、499ドル(約6万円)。

トヨタがMIRAIをまず、カリフォルニア州から導入するのは、インフラ面を考慮した結果。水素の補充ステーションの設置数が、他州に比べて多いカリフォルニア州に、MIRAIをまず投入する。同州では2016年末までに、水素ステーションは、合計48か所へと増える見込み。

また、日本では、ガソリンに対して価格の高い水素が、燃料電池車の普及のハードルになるとの見方がある。これに対して、米国トヨタ販売は、「MIRAIの顧客には、水素を最大3年間、無料で供給する」と発表。燃料電池車の普及に、意欲的に取り組む姿勢をアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

    マツダ アクセラ、改良新型モデルの画像がリーク

  2. スバル XV ハイブリッド tS コンセプト…ポップでキュートなSTI[写真蔵]

    スバル XV ハイブリッド tS コンセプト…ポップでキュートなSTI[写真蔵]

  3. 日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

    日産 GT-R NISMO に2017年型…空力性能を向上

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター「スパイダー」欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  6. 日産 エクストレイル NISMO…オンでもオフでも頼りになる走りを[写真蔵]

  7. スバル レヴォーグ STIパーツ装着車、乗れば運転が上手くなる?[写真蔵]

  8. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  9. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る