【ロサンゼルスモーターショー14】トヨタ の新型 FCV 、MIRAI を北米初公開…水素は3年間無料供給

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(ロサンゼルスモーターショー14)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
  • トヨタ MIRAI(米国仕様)
トヨタ自動車は11月18日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー14において、市販燃料電池車、『MIRAI』(未来、ミライ)を北米初公開した。

MIRAIは米国では、2015年秋から、カリフォルニア州で販売およびリースを開始する予定。それだけに、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は、カリフォルニア州で開催のロサンゼルスモーターショー14でのアピールに力を込める。

MIRAIの米国価格は、購入の場合、ベース価格が5万7500ドル(約670万円)。州政府による1万3000ドル(約150万円)のインセンティブが利用できる顧客は、価格が4万5000ドル(約525万円)以下に下がる。また、米国では一般的なリースの場合、契約時に3649ドル(約42万円)を支払う。3年契約での月々のリース料は、499ドル(約6万円)。

トヨタがMIRAIをまず、カリフォルニア州から導入するのは、インフラ面を考慮した結果。水素の補充ステーションの設置数が、他州に比べて多いカリフォルニア州に、MIRAIをまず投入する。同州では2016年末までに、水素ステーションは、合計48か所へと増える見込み。

また、日本では、ガソリンに対して価格の高い水素が、燃料電池車の普及のハードルになるとの見方がある。これに対して、米国トヨタ販売は、「MIRAIの顧客には、水素を最大3年間、無料で供給する」と発表。燃料電池車の普及に、意欲的に取り組む姿勢をアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

    【ペブルビーチ 16】レクサス LC500、パワー向上…北米は471馬力

  3. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

    VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  10. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら