近畿車輛、東京メトロ日比谷線向け新型車両を受注 | レスポンス(Response.jp)

近畿車輛、東京メトロ日比谷線向け新型車両を受注

鉄道 企業動向

日比谷線は現在、1両の長さが18mの車両(写真)を使用しているが、2016年度から長さ20mの新型車両が投入される予定。このほど近畿車輛が東京メトロから新型車両を受注した。
  • 日比谷線は現在、1両の長さが18mの車両(写真)を使用しているが、2016年度から長さ20mの新型車両が投入される予定。このほど近畿車輛が東京メトロから新型車両を受注した。
  • 日比谷線に乗り入れている東武車も1両の長さが20mの新型車両に置き換えられる予定。
近畿車輛は11月6日、東京地下鉄(東京メトロ)から日比谷線用の新型車両を受注したと発表した。2016年度から2019年度にかけて、294両(42編成)を納入する予定。

日比谷線は北千住(東京都足立区)~中目黒(目黒区)間20.3kmを結ぶ、東京メトロの地下鉄路線。北千住駅では東武鉄道の伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、中目黒駅では東京急行電鉄(東急)の東横線とそれぞれ接続しており、東武線と日比谷線の相互直通運転が行われている。かつては日比谷線と東急線の直通運転も行われていたが、2013年3月に終了した。

日比谷線で現在使われている車両は8両編成で、1両の長さは18m。側面のドアは片側3カ所に設けている車両と5カ所に設けている車両が混在している。新型車両は1両の長さを20mとし、1編成の車両数を7両に変更。ドアの数も片側4カ所に統一する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品