【ロールスロイス ゴースト シリーズII 発表】衛星とリンクし“ワフト”な乗り心地を提供する「魔法のトランスミッション」

自動車 ニューモデル 新型車

ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
  • ロールスロイス ゴースト シリーズII
ロールスロイス・モーターカーズは10月31日『ゴースト シリーズII』を発表した。納車は11月からスタートする。

ロールスロイスといえば数値で語れない優雅さと、魔法の絨毯のような乗り心地が特徴。今回発表された新型は、同社のフラッグシップ『ファントム』とは違い、ショーファードリブンとしてだけでなくドライバーズカーとしての魅力も高めているのが特徴だが、走りの質を高める技術の1つがシリーズII全車に採用された「サテライト・エイディッド・トランスミッション(SAT)」だ。

ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋 北部地域 広報マネージャーのローズマリー・ミッチェルさんはSATについて「ゴーストはオーナー自らドライブする機会も多いクルマ。誰が運転しても、まるでショーファーが操作しているような丁寧な走りをサポートしてくれるのがSATです」と述べる。

このシステム、昨年登場した『レイス』から採用されているものだが、交差点や高速の出口など、シフトダウンが必要な箇所を衛星と地図データで車両側が認識し、現在位置と走行スタイルからドライバーの動きを予想、適切なギアをあらかじめクルマ側がセレクトすることで、急激なシフトダウンを防ぎロールスロイス独特のふわりとした乗り心地に貢献する技術である。

ミッチェルさんは「ゴーストのボディサイドに流れる『ワフト・ライン』の“ワフト”とは、ふわりと漂うという意味の英語で、ロールスロイスの乗り心地を表現した言葉です」と教えてくれた。SATはそんな"魔法の絨毯"のような乗り心地を演出する"魔法のトランスミッション"なのである。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  5. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  6. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  7. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  8. ドコモがレンタサイクルで観光振興…ローソンなどと協業

  9. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  10. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら