上野東京ライン、来年3月14日開業…常磐線は品川発着に

鉄道 企業動向

上野東京ラインは北陸新幹線延伸開業と同じ2015年3月14日から運転を開始。宇都宮線・高崎線と東海道線の直通運転が行われる。写真は上野東京ライン用の線路として整備された東北縦貫線を走る試運転列車。
  • 上野東京ラインは北陸新幹線延伸開業と同じ2015年3月14日から運転を開始。宇都宮線・高崎線と東海道線の直通運転が行われる。写真は上野東京ライン用の線路として整備された東北縦貫線を走る試運転列車。
  • 現在の輸送体系(左)と上野東京ライン運行開始後の輸送体系(右)。
  • 常磐線は品川駅まで乗り入れる。写真は常磐線で運用されているE531系電車。
  • 常磐線の特急列車も日中を中心に品川駅発着になる。写真は常磐線の特急列車で運用されているE657系電車。
JR東日本は10月30日、宇都宮線・高崎線・常磐線と東海道線の直通運行系統「上野東京ライン」の運行開始日を2015年3月14日に決めたと発表した。宇都宮線・高崎線~東海道線の直通列車を運転するほか、常磐線が品川駅まで乗り入れる。

上野東京ラインは、上野駅(東京都台東区)をターミナルとしている宇都宮線・高崎線・常磐線と、東京駅(千代田区)をターミナルとしている東海道線を直通する運行系統。上野駅から秋葉原駅付近までは宇都宮線・高崎線・常磐線の引上線を改良し、その先は東北新幹線の直上に高架橋を建設。神田駅を過ぎたところで東海道線の引上線に入り、東京駅に乗り入れる。

同社が発表した平日の輸送体系によると、宇都宮線と高崎線は東海道線との相互直通運転を実施。常磐線は品川駅まで直通する。8時頃から9時頃まで(東京駅基準)の朝ラッシュ時間帯の直通本数は、南行の場合で宇都宮線からが5本、高崎線からが5本、常磐線からが5本になる。

常磐線の特急列車は、日中全ての列車と夕・夜間帯の一部の列車が品川発着になる。同線の普通列車は、日中は土浦方面からの列車の一部が品川駅まで直通し、夕・夜間帯は取手以南で運転している快速電車が品川駅まで乗り入れる。品川発着の特急列車の名称は『ひたち』『ときわ』とし、2015年3月14日から品川~いわき間で運転を開始する。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品