新型EVスポーツ SP:01、市販モデルを予告…目標は世界最速EV

エコカー EV

デトロイトエレクトリック社のSP:01の予告イメージ
  • デトロイトエレクトリック社のSP:01の予告イメージ
世界最速のEVを目指し、現在開発の最終段階にある米国のデトロイトエレクトリック社のEV、『SP:01』。同車の市販モデルに関して10月17日、最新の予告イメージが公開された。

デトロイトエレクトリック社は1912年、米国ミシガン州デトロイトに設立された老舗メーカー。当時としては、画期的な電気自動車を生産していたEVのパイオニア的存在。しかし、1930年代に会社は消滅。

2008年、英国ロータスエンジニアリングの元CEO、Albert Lam氏らによって、デトロイトエレクトリック社が復活。新生デトロイトエレクトリック社が送り出す最初のEVとして、SP:01のプロトタイプ車が2013年春、上海モーターショー13で初公開された。

SP:01は、ロータス『エキシージ』のシャシーをベースに開発。ミッドシップにレイアウトされたモーターは、最大出力201ps、最大トルク23kgmを引き出す。カーボンファイバー製のボディは、車両重量は1068kgと軽量。二次電池は、蓄電容量37kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で最大290km以上が走行でき、充電に要する時間は、約4時間20分。0-100km/h加速3.7秒以下、最高速249km/hのパフォーマンスを備える。

SP:01は英国の専用工場で組み立てられ、2014年第4四半期(10-12月)に、まず欧州とアジアで発売される予定。10月17日に公開された最新予告イメージでは、SP:01の市販モデルの丸型テールランプが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ MIRAI、ノルウェー第一号車を納車…欧州5か国目

    トヨタ MIRAI、ノルウェー第一号車を納車…欧州5か国目

  2. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

    【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  3. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  4. トヨタ プリウスα のリコール、米国でも実施…約11万台が対象に

  5. テスラ「モデル3」、3月末に発表へ…低価格EVセダン

  6. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  7. VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

  8. 【ホンダミーティング15】最新FCVに試乗…クラリティ とは比較にならぬほど洗練された

  9. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る