衝突軽減ブレーキなど安全評価、レクサス、日産、スバルの3車種が満点に

自動車 ビジネス 国内マーケット

レクサス LS(40点)
  • レクサス LS(40点)
  • 日産 スカイライン(40点)
  • スバル レヴォーグ / WRX(40点)
  • スズキ スペーシア / スペーシアカスタム(8.8点)
  • スズキ ソリオ / ソリオバンディット(10.7点)
  • スズキ ハスラー(8.9点)
  • スズキ ワゴンR / ワゴンRスティングレー(8.9点)
  • ダイハツ タント / タントカスタム(8.0点)
国土交通省と自動車事故対策機構は23日、「予防安全性能アセスメント試験」として実施している、衝突被害軽減制動制御装置(衝突軽減ブレーキ)、および車線逸脱警報装置の2つの装置の試験結果をまとめ発表した。今回対象となった車種は、8メーカー26車種。

最も安全性が高い40点満点と評価されたのは、レクサス『LS』、日産『スカイライン』、スバル『レヴォーグ / WRX』の3車種だった。

評価テストは、衝突軽減ブレーキについては、試験車を時速10~60km/hで模擬車両に後方から接近させ、作動を確認。ターゲットが止まった状態と、20km/hで走行している場合の2つの状況でおこなう。警報またはブレーキの作動により衝突を回避、あるいは衝突した場合でも衝突前の減速度に応じて得点が与えられる。

車線逸脱警報装置については、試験車を時速60km/hまたは70km/hで走らせ、道路の白線からはみ出したときに、警報を発するか否かの試験をおこなう。警報を開始した速度が低い方が高得点となる。これらを加点し、合計2点以上の場合には先進安全車(ASV)として認定、さらに12点以上の場合は先進安全車プラス(ASV+)として認定されるもの。

満点の3車種のほかは、「ぶつからないクルマ」の先駆けとしてステレオカメラの画像認識による自動ブレーキ「アイサイト」を市販化したスバルが『フォレスター』、『インプレッサ』でも39点以上と高い安全性を証明した。

また同試験では、車線逸脱警報装置が装備されていない軽自動車や小型車も含まれており、これらは2つの装置を装備する車両よりも点数評価が低くなっている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  3. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  4. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  6. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  7. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  8. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  10. STとMobileye社、完全自動運転車のセンサ・フュージョン処理用SoCを共同開発

アクセスランキングをもっと見る