東風日産、中国の大連工場が稼働…エクストレイル 生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
日産自動車と東風汽車の中国合弁、東風日産乗用車公司(DFL-PV)は10月18日、大連工場において車両の生産を開始した。まずは、『エクストレイル』の生産を開始している。

総敷地面積132万平方mの大連工場は、2つの段階を経て、生産規模を拡大。第1段階の投資総額は50億人民元で、年間生産能力は15万台。第2段階完了時には、年間の総生産能力が、30万台へ拡大する見通し。

大連工場は、東風日産のSUV車両の生産拠点。大連工場の生産技術、品質管理、環境基準は、日産のグローバル基準を導入。また、工場の中核を担う管理職には、既存の中国工場の優秀な人材を配置した。

大連工場は中国北部において、東風日産の市場プレゼンス拡大の足掛かりとなる工場。東風日産は、大連工場の竣工により、華南の花都工場(第一工場・第二工場)、華中の襄陽工場、鄭州工場とともに、中国全土に日産車を提供する生産体制を整えた。

広州の花都、襄陽、鄭州にある既存の生産拠点に大連工場が加わることにより、東風日産は、中国市場向けモデルの全てを、中国大陸の4大生産拠点で生産することに。日産自動車のトレバー・マン チーフ・プランニング・オフィサーは、「大連工場は、中国市場における日産のコミットメントの表明。今後も中国全土の顧客に高品質な商品を提供していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  3. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  4. GMSと住友三井オートサービス、遠隔起動制御を活用した新サービス創出へ

  5. BMWの世界販売、メルセデスとアウディを抑える 6月

  6. 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  8. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  9. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  10. アルパイン、最終赤字20億円…通期も下方修正 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら