北海道新幹線、12月1日から走行試験開始

鉄道 行政

2015年度末の開業を目指して準備が最終段階に入っている北海道新幹線の新青森~新函館北斗間のうち、奥津軽いまべつ~新函館北斗間の走行試験が12月1日から始まる。鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が10月1日、発表した。

走行試験は土木構造物や軌道、電車線、信号設備の機能確認を目的としたもの。使用する車両はJR北海道が同新幹線の営業車両として導入するH5系で、12月1日から2015年3月1日までの期間中、走行試験を70日程度実施する。

当初は30km/hの低速度で走り、260km/hまで段階的に速度を上げて設備を確認する。走行本数は1日あたり1~3往復程度。鉄道・運輸機構によると、走行試験の時間帯は一定ではないが、夜間の走行が多くなるとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

    【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  4. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  5. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 日台友好列車走る脇で…台北・杉戸の一大車両工場が“進化”

  10. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

アクセスランキングをもっと見る