VW トゥアレグ、欧州で最新ディーゼル…パワーアップで燃費も向上

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月15日、欧州向けの『トゥアレグ』に、新ディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

初代トゥアレグは2002年、フォルクスワーゲンブランドの最上級SUVとして誕生。ポルシェ『カイエン』とは、車台を共用する兄弟車。2010年春、ジュネーブモーターショー10では、現行の2世代目モデルが登場。

2014年春、北京モーターショー14では、2014年モデルがワールドプレミア。現行型のデビューから4年を経て、初の大幅改良が施されたモデルで、内外装の変更や安全面の充実などが図られた。

外観はヘッドライトを大型化し、バイキセノンを全車に標準装備。グリルもクロームバーの本数を、2本から4本へ増やした新デザインとした。バンパーも新形状。リアは新デザインのバンパー採用や、リアフォグランプの配置変更を行う。18インチと20インチのアルミホイールも新しい。

室内は、エアコンの操作スイッチなどをロータリーダイヤル方式に改めるなど、操作性を向上。ステアリングホイールにも、操作スイッチを追加した。各部にクロームの装飾を施し、質感を引き上げる。ウッドやレザーに関しては、素材や色が見直された。

今回、欧州仕様のトゥアレグに、新ディーゼルエンジンを搭載。新開発の3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「3.0TDI」は、最大出力が262psと、従来比で17psパワーアップ。それでいて、欧州複合モード燃費は15.15km/リットルと、従来比で9%引き上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

    出た!スズキ スイフト 次期型、衝撃のフロントマスク[写真12枚]

  3. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

    スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  4. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  6. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

  7. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  8. 日産 GT-R 2017年モデル、ダンロップの高性能ランフラットタイヤを新車装着

  9. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  10. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら