VW トゥアレグ、欧州で最新ディーゼル…パワーアップで燃費も向上

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
  • フォルクスワーゲン トゥアレグの新ディーゼル搭載車
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは9月15日、欧州向けの『トゥアレグ』に、新ディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

初代トゥアレグは2002年、フォルクスワーゲンブランドの最上級SUVとして誕生。ポルシェ『カイエン』とは、車台を共用する兄弟車。2010年春、ジュネーブモーターショー10では、現行の2世代目モデルが登場。

2014年春、北京モーターショー14では、2014年モデルがワールドプレミア。現行型のデビューから4年を経て、初の大幅改良が施されたモデルで、内外装の変更や安全面の充実などが図られた。

外観はヘッドライトを大型化し、バイキセノンを全車に標準装備。グリルもクロームバーの本数を、2本から4本へ増やした新デザインとした。バンパーも新形状。リアは新デザインのバンパー採用や、リアフォグランプの配置変更を行う。18インチと20インチのアルミホイールも新しい。

室内は、エアコンの操作スイッチなどをロータリーダイヤル方式に改めるなど、操作性を向上。ステアリングホイールにも、操作スイッチを追加した。各部にクロームの装飾を施し、質感を引き上げる。ウッドやレザーに関しては、素材や色が見直された。

今回、欧州仕様のトゥアレグに、新ディーゼルエンジンを搭載。新開発の3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「3.0TDI」は、最大出力が262psと、従来比で17psパワーアップ。それでいて、欧州複合モード燃費は15.15km/リットルと、従来比で9%引き上げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  2. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  3. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  4. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  5. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  7. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  8. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  9. ボルボ XC60、装備充実の新グレード クラシック を追加

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら