ダイハツ、 軽自動車最大の室内空間を持つ新型車を11月に発表 | レスポンス(Response.jp)

ダイハツ、 軽自動車最大の室内空間を持つ新型車を11月に発表

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツは東京モーターショーで発表した「DECA DECA」をベースとした新型軽自動車を発売する(写真はコンセプトカー)
  • ダイハツは東京モーターショーで発表した「DECA DECA」をベースとした新型軽自動車を発売する(写真はコンセプトカー)
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
  • ダイハツが開発中の新型軽自動車
ダイハツは、11月に発表予定の新型軽乗用車の技術概要を発表した。

新型軽乗用車は、2013年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出展した『DECA DECA(デカデカ)』をベースに、多用途に使える新ジャンルの軽自動車として開発している。

新型車は全高1835mm、室内高は軽自動車トップの1455mmとし、大人4人がゆったりと乗車でき、レジャー使用時に大人が車内で窮屈に感じることなく着替えることができる室内空間「ウルトラスペース」を実現。地上からドア開口高までは1700mmとして、乗り降りの際に子どもはかがむことなく、成人やお年寄りは腰を曲げずに、ラクな姿勢で乗り込むことができる。

また、ドライビングポジションは目線の高さを1387mmに設定し、見晴らしの良い「ファインビジョン」などを採用。さらに、直進安定性を高める空力フィンの採用や軽量化による重心高の抑制により、全高1835mmに対応した、高い車両安定性と乗り心地の良さを実現している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品