【ジャカルタモーターショー14】インドネシアで「ガンプラ」!? その展示理由とは

自動車 ニューモデル モーターショー

モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
  • モーターショー会場に展示された「ガンプラ」(ジャカルタモーターショー14)
ジャカルタモーターショーには、部品メーカーの出展も盛況。自動車メーカーがひしめく展示ホールを出て屋外展示を眺めていたら、「ガンプラ」(ガンダムのプラモデル)を展示しているブースを発見した。

気になってよく見てみると、展示されていたガンプラは6体。いずれも緻密なディテールを持ち、どうやらカスタマイズされているらしい。いったいなぜモーターショーでガンプラを展示しているのだろうか?

これは「BM1」というオイルブランドを展開するビルメガー・アバディ社のブース。同社はジャカルタを本拠地とし、自動車やオートバイ用、それに産業用などさまざまな潤滑オイルを製造販売している。そしてガンプラは、同社が開催したガンプラカスタムコンテストの上位6作品なのだという。

どうしてコンテストを?という質問には「品質に自信は持っているのだが、欧米の有名ブランドに比べると、知名度やブランドイメージといった部分がまだまだ及ばない。そこで少しでも多くの人にBM1というブランドを知ってもらい、親しみを持ってもらうためにコンテストを開催することにした」との回答。

そして開催理由よりもさらに気になるのが、なぜガンプラなのか?ということだ。それは「バンダイのガンプラはインドネシアでもメジャーなホビーで、タミヤとともに幅広い年齢層に親しまれているから」だとか。まだ運転免許を取得できない子供の興味をひきつけ、将来の顧客を育てることにつなげることができる、というのも理由だったという。

レギュレーションは、作品のどこかに必ずBM1のロゴを入れること、そしてカラーリングにコーポレートカラーのブルー/イエローをあしらうこと、という2点のみ。

なおこのコンテストはバンダイの承認を得ており、展示された作品の選考には川口克己氏(ガンプラ名人として知られるバンダイ社員)も審査に参加したとのことだ。最終結果はモーターショー来場者による一般投票で決定するという。

ちなみに、いろいろ説明してくれた社員のイチ推しは、ガレージでメンテナンスを待つ「ベアッガイ」。「ベアッガイがいちばんkawaiiでしょ!」ということだった。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

    【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  6. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  7. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  8. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

  9. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  10. 【ニュル24時間 2016】アストンマーティン、4台がワークス参戦へ

アクセスランキングをもっと見る