VWの復刻限定モデル第2弾、ザ・ビートル・スペシャル・バグ 発売

自動車 ニューモデル 新型車

ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
  • ザ・ビートル・スペシャル・バグ
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ザ・ビートル』に特別限定車『ザ・ビートル・スペシャル・バグ』を設定し、9月30日より限定800台で発売する。

ザ・ビートル・スペシャル・バグは、昨年の東京モーターショーで一般公開した「ザ・ビートル・レーサー」と同じく、往年の限定車の復刻モデル。1982年に発売された『フォルクスワーゲン タイプ1 1200』の限定車「スペシャル・バグ」へのオマージュとして企画され、主に欧州で販売されていたものだ。

現行モデル『ザ・ビートル・デザイン』をベースに、1980年代当時のファッション性や「ビートル」ならではの遊び心を現代風にアレンジして再現。外装色はピュアホワイトとディープブラックパールエフェクト、限定車専用色のプラチナムグレーメタリックの3色を用意した。

ボディの装飾は往時にならい、クロームのホイールキャップ付17インチアルミホイールを採用するとともに、室内はベージュとブラウンのツートーンでコーディネートした専用シートを採用するなど、全体的にクラシカルな雰囲気に仕上がっている。

ボディ両サイドの下側にはツートーンストライプのデカールと、リヤホイールアーチの前方部分にブラウンの文字で書かれた「Special」のロゴ、リアゲートの中央には「ビートル」の愛称である「Bug(バグ)」のエンブレムを装着する。

さらに専用装備として、バイキセノンヘッドライト、スマートエントリー&スタートシステム、パークディスタンスコントロール、シートヒーター(運転席/助手席)などを採用している。

限定数はピュアホワイトが400台、ディープブラックパールエフェクトが200台、プラチナムグレーメタリックが200台。価格は286万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら