【パリモーターショー14】シトロエン の入門車、C1 新型に「アーバンライド」…SUV派生

自動車 ニューモデル 新型車

シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
フランスの自動車大手、シトロエンは9月22日、コンセプトカーの『C1アーバンライド』を10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開すると発表した。

同車は2014年春、ジュネーブモーターショー14で発表された新型『C1』をベースに開発されたコンセプトカー。C1は欧州Aセグメントに属し、シトロエンの入門車の役割を担う小型車。2005年、トヨタ自動車とPSAプジョーシトロエンの合弁会社が、共同開発した。生産はチェコで行う。

また、シトロエンC1と、トヨタ版の『アイゴ』、プジョー版の『107』は兄弟車。3車は基本メカニズムを共用し、各ブランドの専用ボディをまとう。新型も3兄弟関係を継続。ジュネーブモーターショー14で同時発表された新型トヨタアイゴ、新型シトロエンC1、プジョー107後継の『108』は、基本メカニズムを共用している。

パリモーターショー14で初公開されるC1アーバンライドは、新型C1の3ドアの「エアスケープ」と命名されたキャンバストップ仕様がベース。車高を引き上げ、多少のオフロード走行を可能にする。

また、樹脂製フェンダーエクステンションや前後バンパーのスキッドプレートなども装着。SUVテイストを表現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

    【日産 セレナ 新型】豊田合成のキャップレス給油口を採用

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  5. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  8. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  9. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  10. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「日米開発者の文化の衝突がNSXを作った」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら