【パリモーターショー14】シトロエン の入門車、C1 新型に「アーバンライド」…SUV派生

自動車 ニューモデル 新型車

シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
  • シトロエン C1 アーバンライド
フランスの自動車大手、シトロエンは9月22日、コンセプトカーの『C1アーバンライド』を10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開すると発表した。

同車は2014年春、ジュネーブモーターショー14で発表された新型『C1』をベースに開発されたコンセプトカー。C1は欧州Aセグメントに属し、シトロエンの入門車の役割を担う小型車。2005年、トヨタ自動車とPSAプジョーシトロエンの合弁会社が、共同開発した。生産はチェコで行う。

また、シトロエンC1と、トヨタ版の『アイゴ』、プジョー版の『107』は兄弟車。3車は基本メカニズムを共用し、各ブランドの専用ボディをまとう。新型も3兄弟関係を継続。ジュネーブモーターショー14で同時発表された新型トヨタアイゴ、新型シトロエンC1、プジョー107後継の『108』は、基本メカニズムを共用している。

パリモーターショー14で初公開されるC1アーバンライドは、新型C1の3ドアの「エアスケープ」と命名されたキャンバストップ仕様がベース。車高を引き上げ、多少のオフロード走行を可能にする。

また、樹脂製フェンダーエクステンションや前後バンパーのスキッドプレートなども装着。SUVテイストを表現している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品