日本バス協会、2014年度の貸切バス事業者安全性評価で309事業者を認定

自動車 ビジネス 企業動向

日本バス協会は、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づき、2014年度の安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者を認定した。

2014年度の認定事業者数は309事業者で、このうち、一ツ星(★)が172社で、一ツ星に2年間継続し一定の基準を満たした事業者を認定する二ツ星(★★)が137社。

これで総認定事業者は636事業者となった。

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取組状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社が、より安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするのを目的に、日本バス協会が実施している。

認定事業者は、運行する貸切バスの車体や自社のホームページに「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを掲示し、認定事業者であることをPRすることが可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  2. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

    英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  3. ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

    ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

  4. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

  5. 【ものづくりワールド16】1周0.2秒差をつけるDLC技術…アイ・シイ・エス、F1マシン用ギアを展示

  6. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

  7. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  8. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  9. 【ものづくりワールド16】旭硝子、スマートウォッチを利用した現場効率化ソリューションを提案

  10. 三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

アクセスランキングをもっと見る