人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

日本バス協会、2014年度の貸切バス事業者安全性評価で309事業者を認定

自動車 ビジネス 企業動向

日本バス協会は、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づき、2014年度の安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者を認定した。

2014年度の認定事業者数は309事業者で、このうち、一ツ星(★)が172社で、一ツ星に2年間継続し一定の基準を満たした事業者を認定する二ツ星(★★)が137社。

これで総認定事業者は636事業者となった。

貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取組状況を評価・公表することで、貸切バスの利用者や旅行会社が、より安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするのを目的に、日本バス協会が実施している。

認定事業者は、運行する貸切バスの車体や自社のホームページに「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークを掲示し、認定事業者であることをPRすることが可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る