米音楽著作権代表者、クラリオンを提訴…オーディオ・ホーム・レコーディング法に違反

自動車 ビジネス 企業動向

クラリオンは、米国子会社が音楽著作権者代表者から提訴されたと発表した。

同社によると、クラリオンの子会社クラリオン・コーポレーション・オブ・アメリカを含む自動車機器メーカー2社と自動車メーカー2社を相手どって米国コロンビア特別区連邦地裁に集団提訴した。

原告は、音楽著作権者などを代表、クラリオンの米国子会社などが、オーディオ・ホーム・レコーディング法を遵守せずに、デジタル音声記録装置を製造・輸入して、これを搭載した自動車を販売したと主張。これらの行為差し止めと、損害賠償を求めている。

なお、損害賠償額の総額は明示していない。

クラリオンは米国子会社を含め、オーディオ・ホーム・レコーディング法に違反する行為はないと認識しているとしている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品