メルセデスの新型スポーツカー、AMG GT 初公開…0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/h

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
  • メルセデス-AMG GT
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは9月9日、新型スポーツカーの『メルセデス-AMG GT』を初公開した。

メルセデス-AMG GTは、生産終了を発表した『SLS AMG』に代わって、AMGが開発を進めてきた新型車。SLS AMGのスーパーカー・セグメントではなく、ポルシェ『911』クラスとのスポーツカーとの競合を想定する。

メルセデス-AMG GTには、新開発の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、「AMG M178」型と命名。メルセデス-AMG GTのために開発した専用ユニットとなる。現在、メルセデスベンツAMGの主力エンジンは、排気量5461ccのV型8気筒ツインターボ。これに対して、メルセデス-AMG GTのエンジンは、排気量が1479cc少ない。

排気量は3982ccで、2個のターボで過給。AMGのV8エンジンとしては初めて、ターボチャージャーをVシリンダーの内側に装着。SLS AMG同様、ドライサンプ方式を採用。エンジン単体重量は209kgで、メルセデスベンツによると、セグメントで最軽量という。直噴のブルーダイレクト技術の導入などにより、排出ガス性能はユーロ6を満たす。

この4.0リットルV型8気筒ツインターボには、2種類のチューニングが存在。ベースグレードのメルセデス-AMG GTは、最大出力462hp/6000rpm、最大トルク61.2kgm/1600-5000rpm。0-100km/h加速4秒、最高速304km/hのパフォーマンスを実現する。

高出力版のメルセデス-AMG GT Sは、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpm。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hと、世界屈指の動力性能を達成した。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT-7」で、トランスアクスルレイアウトを採用。アルミスペースフレーム構造により、車両重量は1540kg(ベースグレード)に抑えられる。前後重量配分は47対53。タイヤサイズは、フロント255/35R19、リア295/35R19で、「GT S」は265/35R19、リア295/30R20。GT Sでは、リアアアクスルに電気式のディファレンシャルロック機構が組み込まれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. 【パリモーターショー16】オペル アンペラe 市販版を公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら