国際宇宙ステーション「きぼう」からの超小型衛星放出機構に不具合

宇宙 企業動向

2014年9月3日、米NanoRacks(ナノラックス)社は、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出する機構に不具合が発生したと発表した。衛星放出ミッションは現在休止している。

8月22日のNASA・ISS活動報告によれば、8月21日と22日にナノラックス衛星放出機構による、2回のキューブサット(10cm角規格の超小型衛星)放出を行ったところ、不明な原因により衛星の軌道への展開は成功しなかった。それより前の8月19日の衛星放出は成功しており、NASAのマーシャル宇宙飛行センターとJAXAの筑波宇宙センターの地上管制官が原因の調査を開始していた。

ナノラックス社の発表では不具合の原因を公表していないものの、ISSへ新しい放出機構のコマンドボックスを送ることが決定したという。不具合の発生箇所が機械を操作するスイッチ類のコマンドボックスであれば、不具合は電機部品であると考えられ、「きぼう」の小型エアロックやロボットアームの問題ではないとみられる。

新しいコマンドボックスは、現在ISS上で準備されている超小型衛星、2015年初頭に予定している次回の超小型衛星のどちらへも対応可能だという。コマンドボックスは今後のISSへの補給ミッションで打ち上げられるため、衛星放出は機器の修理が行われるまで当面は休止となる。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

    130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  3. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  4. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  5. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  6. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  7. 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先

  8. ドローンと人工衛星の機能を併せ持つ『成層圏バス』構想 タレス・アレニア・スペースが発表

  9. ダークマターとは何か…NASAが宇宙空間に存在する物質の研究動向を解説

  10. 国際宇宙ステーション補給船 シグナス2号機打ち上げ

アクセスランキングをもっと見る