【ダイハツ ハイゼット トラック 新型発表】軽トラながら“ダンプ”や“冷蔵庫”も登場予定

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ハイルーフ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ハイルーフ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
  • ダイハツ ハイゼット トラック ジャンボ
ダイハツ工業は9月2日、『ハイゼット トラック』を15年ぶりにフルモデルチェンジし、発売した。新型の特徴のひとつには、バリエーションの多さが挙げられる。発表同日には、“ハイルーフ”、“ジャンボ”などの特別仕様車も登場予定であることが明らかになった。

新型ハイゼット トラック の基本コンポーネントには、女性ユーザーの拡大からその意見も取り入れ、カラーを全8色に設定。2WDを3タイプ、4WDを4タイプ用意し、4WDの“スタンダード 農用スペシャル(5MT)”を除き、全タイプ4ATと5MTを選択可能だ。

ダイハツ工業の三井正則取締役社長は「開発にあたって、軽トラックの使われ方、求められる用件などを実際のユーザーにも調査し、多様なニーズに応えられるよう商品力を向上させた」と述べる。上記の組み合わせだけでも、104通りの選択肢となる。

発表同日に明らかとなった特別仕様車について、ダイハツの堀井仁営業本部長は「ヘルメットをかぶったままでも運転可能な“ハイルーフ”、そしてキャビンを延長しリクライニングも可能でより乗用車用途に近づけた“ジャンボ”などを用意している」と話す。

続けて堀井営業本部長は「その他“ダンプ”、“冷凍車”も登場予定であり、フルラインアップが揃えばあらゆる用途に応えることができる。発売は年内、極力早い時期に“ジャンボ“、“ハイルーフ”を皮切りとして順次投入して行きたい」と語った。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら