横浜市交通局、新羽車両基地で地下鉄・バスイベント…10月4日

鉄道 行政

横浜市交通局は10月4日、新羽車両基地(港北区)で「市営交通お客様感謝祭『はまりんフェスタ2014in新羽』」を開催する。開催時間は10時から15時30分(入場は14時30分)まで。

当日は市営地下鉄の保守車両や初代車両1000形などの車両展示、バス・地下鉄部品や交通局グッズの販売、市営バスのLED式行先表示器にオリジナルメッセージを表示できる「LED式行先表示器に名前を出そう!」などを行う。

このうち、バス・地下鉄部品販売は往復はがきによる申込みが必要。先着による整理番号順の販売となる。「LED式行先表示器に名前を出そう!」も往復はがきによる申込みが必要で、80人を募集。表示できるメッセージは10文字以内となる。締切はどちらも9月12日(消印有効)。

新羽車両基地は市営地下鉄ブルーラインの車両基地で、1993年の新横浜~あざみ野間延伸開業時に設置された。最寄駅は北新横浜駅で、徒歩5分。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  5. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  9. 近鉄特急、伝統のカラーリングを一新へ…リニューアル車12月デビュー

  10. JR東日本、北陸新幹線トンネル内で初の携帯電話サービス…6月28日から

アクセスランキングをもっと見る