「秩父ジオパークトレイン」運転開始…試乗に100人無料招待も 9月23日

鉄道 エンタメ・イベント

「秩父ジオパークトレイン」パレナちゃん(左)、ぱれおくん(中央)、パレオくん(右)
  • 「秩父ジオパークトレイン」パレナちゃん(左)、ぱれおくん(中央)、パレオくん(右)
  • 「秩父ジオパークトレイン」空・陸・海をテーマにフルラッピング
  • 「秩父ジオパークトレイン」資料
秩父鉄道は9月23日、秩父の自然や史跡、文化遺産を訪れるジオツーリズムを楽しむ「秩父ジオパークトレイン」の運転を開始する。

同事業は、埼玉県の鉄道の活性化を目的とした「地域鉄道元気アップ協働事業」の一環として、秩父まるごとジオパーク推進協議会、埼玉県立自然の博物館、秩父まるごと博物館の協力のもと実施される。

「秩父ジオパークトレイン」は、空・陸・海をテーマに、日本地質学発祥の地、秩父にかつて生息していた生物や、今も生息する珍しい生物のデザインを、車体、車内にフルラッピング。

9月27日から11月16日までの土日祝日、くだりは羽生を9時36分に出発し、三峰口まで各駅に停車、のぼりは三峰口を12時54分に出発し、羽生まで各駅に停車する予定だ。

また、運転開始にともなって、出発セレモニーや、ワークショップ、試乗に100人を無料招待するなど関連イベントも多数開催される。

電車の詳細や各イベントの詳細は、秩父鉄道公式ホームページで確認することが可能だ。
《中田真弥》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

    伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  2. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

    東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  3. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

    駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  4. 西武鉄道、新宿線野方~東伏見間の連続立体化を推進へ

  5. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

  6. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  7. JR東日本、南武線の津田山駅を橋上化…川崎市と工事協定締結

  8. 叡山電鉄、アニメ「三者三葉」特別入場券を発売…6月25日から

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る