【レクサス NX 発売】新開発の2リットルターボは238ps[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

レクサスは、『RX』より小型な新型クロスオーバーSUV『NX』を国内で7月29日より発売した。

パワートレインは、新開発の2.0リットルターボエンジンと、2.5リットルエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドユニットの2種類だ。新開発のターボエンジン「8AR-FTS」は、最高出力238ps/4,800~5,600rpmと最大トルク35.7kgm/1,650~4,000rpmを発揮する。6速ATとの組み合わせで4WDと2WD仕様が用意される。燃費は12.8km/リットルを達成。

ハイブリッドモデルは、2WDと4WD仕様が設定され、4WD仕様にはE-Four(電気式AWDシステム)を採用している。フロントモーターが143ps発揮し、リアは68psを発揮する電気モーターを搭載。2WDの場合フロントモーターのみとなる。2WD仕様で燃費は21.0km/リットルだ。

価格は「NX 200t」が428万円からで「NX 300h」が492万円からだ。
《太宰吉崇》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品